前のめりに夢見る

アイドル\(^o^)/

7D2、おばたゆなちゃん

https://twitter.com/narupeople313/status/1035488153790902272?s=21

 

私にとって7期生、ドラフト2期生はずっと特別な存在だった。

 

2015年3月にお披露目、その時期の全国握手会でのピノキオ軍を見て(確かこの時は7期だけかな)凄くインパクトを受けたのを覚えている。

 

「今年消えるアイドル」の筆頭に名前が上がって、売上も右肩下がり。48のブームも坂道に押されてなっていた時期に加入した7D2。

 

オーディションの時から見るって経験も初めてだったし、純粋に興味があったし、片岡成美ちゃんがめちゃくちゃ可愛かったので加入当初から注目してた訳だけど、7D2めちゃくちゃ強いな!!!!!ってずっと思ってる。

 

停滞してる雰囲気を何か変えてくれるんじゃないか、って期待をすっごくしてた。私はSKE48全員大好きだしSKEは今が1番楽しいって言葉にも同意だし、SKEは全員でSKEですって言葉にも首もげるくらい同意なのが大前提でいうとそれに期待以上の答え方をしてくれたのがゆなな、楽々だったんじゃないかなーって思う。

 

楽々が一昨年?の総選挙前のSHOWROOMで呟いた、「結果が欲しい...」って旨の話とランクインした時の笑顔がずっと忘れられなくて、1番初めに推される重圧ってとんでもないんだろうなぁと思った。私は楽々の笑顔が本当に本当に大好きで、あんなに可愛く全力で笑える女の子ってなかなかいないだろうなって思う。受験が理由で一時的な活動休止を経てSKEに戻ってきてくれているのもすっごく嬉しかった出来事だった。

 

今思い返すと、意外にマンゴーってやっぱりSKEにとって分岐点だったんじゃないかなって思う。マンゴーを扱う企業とのタイアップだったりとか握手会での新しい取り組みとか、発売日東名同時ゼロポジライブとかサマステとか、今までにないことが沢山始まった夏だった。

 

ゆななはすっごい可愛い。見た目だけが全てじゃないけど、万人受けして一目見て惹き付けられる愛嬌のあるビジュアルって全員が持っているわけじゃない。SKEを知るきっかけがゆななだった人も、SKEに戻ってくるきっかけがゆななだった人も沢山見てきた。入口になれる人ってそれだけでもう才能だとも思う。

 

この前のコンサートで不協和音のセンターを務めたゆななを見た。台詞を絶叫するゆななは私が見た事のないゆななだったし、新しい顔を見せてくれるゆななにワクワクした。あの不協和音が1番感動したし、もっと色々なゆななが見たいと思った。SKEの未来明るすぎかよって思った。

 

だからいきなりの卒業発表に戸惑いが隠せないし何よりめちゃくちゃめちゃくちゃ悲しい。

 

「アイドルとしての目標は達成した」って言ってたから、なんだったんだろうなぁって思った。モバメ取ってないし、ゆなな推しは知ってるのかもしれないけど、ゆななのアイドルとしての目標を私は知らない。

センターに立つことなのか、おばあちゃんに自分のアイドル姿を見せることなのか、自分で満足するくらい活動することなのか、分からない。考えてみるとゆななってどういう性格なのか私はそんなに知らないのかもしれないって思って余計寂しい。

 

ゆななって圧倒的ビジュアルから生まれたパブリックイメージにずーっと応え続けてきたなぁって思う。何をやっても可愛い、笑顔、少なくとも私はゆななが何をしてても可愛いなぁって思ったしいい子だなぁって思った。ふわふわしてるおっとりした女の子ってイメージがずっとあったけど、多分めちゃくちゃ芯の強い女の子なんだと思う。総選挙のスピーチとか、生誕祭とか見ててぼんやり思ってたけど、卒業発表の様子を見てそうなんだろうなぁって思った。

 

不協和音のインパクトが強すぎて、ハマり役すぎて、ゆななをセンターに置いた意味とか勝手に深読みしちゃったんだけど、ゆななは何を思いながらあの台詞を言ったんだろうってずっと考えてる。何が嫌なんだろう、一生分からないけど。

 

いつ辞めるかとか、なんで辞めるかとか、本人の自由なのは分かってるし(当たり前だけど)勿論正しいんだけどもう少し、SKE48の小畑優奈ちゃんが見たかったなぁ、やっぱりめちゃくちゃ寂しいなぁ、、

 

終着点が見当たらないので寝ます

 

 

2018年総括

わーーーーん楽しかった2018年!!!!!

 

2018年。初めて入ったコンサートから丁度10年。大学生になって時間とお金にほんの少し余裕ができて、今までで一番心行くまま趣味に没頭できた気が、する......!!考えてみたら9年間通い続けた塾も、3回の受験ももう一生経験しなくて、その時間がほぼアイドルに費やされてるんだと思うと半ば恐ろしい気もする。勉強のことを忘れて好きなことをしまくった2018年、少しでも形にしたくて筆を執った所存です。あ~~~~~~楽しかったなア!!!!!!!!

 

1月

・あけおめ動画

センター試験

・King&Princeデビュー発表

初っ端にして2018年イチの衝撃。キンプリデビューおめでとう~!私にとってJr.の入り口は岸くんだったから、自分が応援してきたアイドルがデビューする時の気持ちを味わったのも勿論初めてで、岸くんの将来がある程度保証されたと思うとホッとして、すっごくすっごく嬉しかった。それに、今までもこれからも絶対に忘れられない大好きなPrinceっていう3人のグループが、形に残ることも嬉しかったなあ。デビューしてもやもやしちゃうこともたくさんあるんだけど、それ以上にめちゃくちゃ楽しくてデビューの実感が沸く1年になった。というか発表がセンターの3日後のお昼だったんだけど本当に当日じゃなくてよかった...。1教科終わるごとに「○○(科目) 難化」でパブサをかけていたので...動揺で絶対午後の教科全部コケてた。ありがとうジャニーズ事務所for世界中へとハグ。後は元日に更新されるあけおめ動画で大光くんに一目ぼれ(恥ずかしいけどこの表現しか思いつかなくて辛い)したのも1月だ、どのメンバーの後ろにもひょっこり現れてリアクションするのが本当に可愛くて面白くて目が離せなくなって今この状態ではある。だからこの前少クラクリスマススペシャル出の大光担も絶対いると思う!!!!!面白いもん!!!!!!固定電話持てたかなぁ...。

 

2月

・入試

・クリエ発表

特に現場なし。クリエが発表されて「浪人だけは、浪人だけは~!!!」って願掛けしてた記憶しかない。(願掛け)あっ待ってあった。受験終わって井の頭線乗って渋谷着いてぽやぽや歩いてたら前から大光歩いてきたんだわ...私が不合格続いて精神的に結構キツかった時期で、ただすれ違っただけなのに大光くんが地球に存在する尊さときっと今日もレッスンなんだろう毎日頑張っているんだろうって勝手な想像でめちゃくちゃ涙ぐんでしまった記憶が蘇ってきた。あと見かける1週間くらい前に作間くんのJets加入が分かってて、レポとか読んでて、大光くんのことにわかながらずっと考えてて、私はさくたいも好きだけど思った以上に大光くんが好きなんだな?って気づかされた矢先の出来事だったのもある。この後本命の試験まで勉強頑張れたのは間違いなく大光くんのおかげだよ、ありがとう。><

 

3月

・進学先が決まるよ☆

・推しの生誕祭

・推しのコンサート

ギリギリで生きてるから、卒業式の時点で進学か浪人かすら決まってなかった。10日前後に決めた気がする。無事に大学生になれました。それから一週間後くらいに推しの生誕祭のために弾丸で名古屋に飛んだ。人生初SKE劇場、まさかの最前だわ、ラキクラ(併設カフェ内にメンバーが来て水を注いでくれるゲリライベント)でカフェの外にいたのに話せるわ、MCで私の着ているTシャツを話題に挙げてくれるわ、めーちゃくちゃ楽しかった。ジャニーズの現場での男オタの気持ちが分かった気がした。ちなみにこちらの推しも2002年ラインなので02ラインは神。後はたまアリであったAKBのコンサートとSKEのコンサートに行ったよ。祭り以来だった。

 

4月

・大学に入学

記憶ない。親睦会でライン交換した時に先輩のスマホの待ち受けがみゅーとで話が弾んだなぁ...。あの先輩元気かなぁ...。大学内のサークルに入っていないので友達が出来るスピードが著しく遅い。

 

5月

・リぺコン

・キンプリデビュー!

・HiHiクリエ

・HiBクリエ

キンプリデビュ-おめでとう!!!!!花晴れ、視聴率以上に学校での食いつかれ方が凄くてこれは売れるわって思ってたら想像以上に売れてびっくりした。おめでとう、結果が数字に見えることってすごく嬉しいし、あれだけオタクで戦略を練った写真集の何十倍も売れて、勿論単価とか状況は全く違うんだけど、今まで見ていた世界ってすごく小さいものだったんだなぁってちょっとだけ寂しかった。大きくなってね...!

人生初クリエ!!!いや~~めちゃくちゃ狭いのな!?!?映画館だった...。こりゃ当たらんわ...。それと同時に初めてバック目当てでチケットを抑えるって経験もして、Jr.担してる実感も沸きました。Mistake!の大光くん本当にかっこよかったのに、MCでは30秒に一回くらい思い出し笑いしてるのJetsにいじられてて終始可愛かった.JetsのMCも雰囲気も大好きだしセブンメンと仲良しなんだろうなぁ、って伝わるし、春夏秋ってJetsと同じ舞台に立つ機会が多くて嬉しかった。クラJ、この世の優しさをすべて集めて濃縮した感じある。クラJのクラスメイトになりたい。HiBクリエも楽しかったけど、これ書くために自分のツイのレポ漁ってたのに「浮所くんがかわいい!?!?」って旨のツイートしか出てこなかったので無能。実際めちゃくちゃ可愛かった。浮所くんってめちゃくちゃかっこいいのにでしゃばりだし目立ちたがり屋だしなんか不憫だけど、自分が世界で一番かっこいいって思っててほしいしこれからも貪欲なアイドルでいて欲しいしなんかちょっと羨ましいなぁって思う。でもダンスも歌もアクロバットも気付いたら上達してて、そういうところがめちゃくちゃかっこよくて、好きだなぁとぼんやり思った。

 

6月

・ダンスが忙しかった

週7で練習があった。高校時代とは違って、技術だけじゃなくて、ビジュアルの良さも求められて、グループを、個人を、応援してくれる人がいることに気付いた。待ってくれる人がいて、それに応えてステージに立つジャニーズの気持ちがちょっとだけマジでちょっとだけわかった気がした。ライトを浴びて話したり踊ったりするのがやっぱり好きだなぁって思った。

 

7月

・コードブルー試写会

・少クラ番協

・サマステ合同

誕生月に沢山現場があって幸せだった。コードブルー試写会、通路最前の席をいただけて1m先をメインキャストの5人がお通りになられたのだけど、山下智久さん、人類のキセキすぎてひれ伏した。有岡くんがこんなに有名な映画の一キャストとして堂々とブルーのカーペットを歩いてて、勝手にとっても誇らしかった。少クラの番協ではデビュー発表後初めて岸くんを見た。キンプリの顔面の良さに改めて驚いた。すごいな。サマステ合同、シャッフルユニットがめちゃくちゃ楽しかった~!!KISSKISSKISSの3人にオタク人生狂わせられてェ~~~~!!人生台無しにされてェ~~~!!Kiss Kiss Kiss神ユニット、私はこの3人がユニットを組んでKiss Kiss Kissを歌った事実を一生忘れない。少クラで浮所くんのアップが抜かれなかったことも一生忘れない、、、、、、テレ朝サポーターとしてこの夏めちゃくちゃ働いた11人、若手の先頭に立ってる11人。普通の青春をなげうって、毎日EXシアターに立っている姿がとってもエモーショナルに感じた合同公演。Jr.の不安定さ、事務所の闇が垣間見えた2018年だったけど、この光景は何があっても忘れないようにしようと思ったしやっぱりアイドルって本当にかっこいい!!

 

8月

・キンプリ初日

・サマステHi侍

・サマステHiHi

・サマステB少年

ウオ~~~~!!今年の夏一番体力と時間とお金をかけたhi侍公演!!!めちゃくちゃ楽しかった~~~~!!!!毎公演さくたいに焦らされ!!!!さくたいに泣き!!!さくたいに笑った夏!!!!!!楽し!!!!かった!!!!大光くんの好きだったところはね!!!!!全部好きだけど30日昼公演でぽんが休演した時のあいさつだよ!!!!!!!本当は7人です!!!!!んんん知ってるよおおお!!!ちゃんとオタクのために触れてくれてありがとうえらいねええええええ!!!!!!キスウマイとWhy?の侍ちゃんの振り幅が大好きだったから少クラ救済してくれてありがとうねえ!!!!!!!セブンメン可愛い!!!!!!!しゅき!!!!!!!そんなこんなで合同公演が終わって入ったキンプリ初日オープニング「バク転してるの絶対琳寧じゃん!?!?!?」予想はしてたけどやっぱりメインバックだった~~~!!!1週間ぶりの再会侍ちゃ~~~~ん!!!!!シンデレラガール、激エモーショナルの極みだったしPrinceコーナーで馬鹿みたいに泣いてしまったよ...。そんなこんなでサマステB初日。単番で落ち着いてみようと思ってたのに涙腺崩壊ポイントが一つだけあったのでおこだけ。みなみなサマーのラップパートが浮所くんになってて!!!!!初披露だったんだけど!!!!!歌い始めた時のオタクの歓声がヤバくてそれ聞いて満開の笑顔を顔に浮かべる浮所くんが愛おしくて愛おしくて!!!!外野が言うことじゃないんだけど、浮所くんは天性のアイドルなんだなぁ...って思った、アイドルが好きで尊敬できる先輩アイドルもいて、自分が一番王道のアイドルを目指していて、そういうところがめちゃくちゃ好きだなぁ...。

 

9月

・キンプリ千秋楽

初日もめちゃくちゃ泣いてしまったけど、オーラスの方が寂しかったなあ...。この先ルマンドを着たり、プリプリを歌ったりすることがなくなるんだろうなあって思うとめちゃくちゃ悲しかった~~~。デビュー決まって、デビューして、沢山の人に知られて、一部の情報とか切り取られた一部分の動画で今までは存在も知られてなかった人たちに叩かれたりしてる状況が悔しくて悲しくて、そんな子たちじゃないのに、少し見れば誰だって分かるのにって思っちゃって、やるせなかった。キンプリ好きっていうと「最近流行ってるよね~」って言われて、ジュニアの時から応援してたんだよって付け足したくなっちゃう気持ちもあったし、デビューして調子に乗ってるとかそんな見方をされるのが悲しかった。これからきっともっと売れるんだろうし、岸くんが見つからない訳がないって思っちゃうし、3人の思い出に縛られすぎて今までとどうしても比べちゃう自分も嫌でもやもやしたままオーラスが終わっちゃったし、帰りのバスで半泣きでキンプリのこれから、Princeの思い出を話したのをすっごく覚えてる。岸くんが選んだ道が正解だと思ってるし、オタクが正解にする手助けができるなら精一杯したいなあってぼんやり思った。

 

10月・11月

私生きてた????文化祭シーズンだったので色々な大学に行った。AKB劇場に行った。千秋楽だったから柏木由紀さんが登壇してた。神々しかった...。初めての劇場公演だったらしく号泣してたドラフト3期生を見て私も号泣してしまいそうになった。内パラオーラスの大光くんもこんな感じだったんだろうなぁ。

 

12月

・JUMPドーム

ここ数年で一番楽しかった。周りのJUMP担も口を揃えて言っていた。理由はあんまりピンとこないけど、JUMPが年を重ねても真っ直ぐアイドルでいようとしてくれるところがたまらなく好きだと思った。有岡くんは、自分の中に明確な理想のアイドル像がある気がする。何年も変わらない、トロッコから乗り出すファンサも人を傷つけない話し方も。そのアイドル像がきっと私の理想のアイドル像と重なるから、有岡くんは絶対にいつみても私の理想のアイドルだなぁと思う。これはJUMP全体でもそうで、だれをいつみても気を抜いてるなあと思ったことはないし、本当にメンバー同士仲がいいんだろうなあって幸せになる(Jr.の思春期ならではの関係性の変化を見るのも楽しいんだけどね)。正直初めての熱愛報道が大っぴらに出た後のコンサートで少し心配だったけど、杞憂だった。めちゃくちゃ楽しかった!!!!

 

 

ひえ~~~ここまでで4900字オーバー...8月のテンションの差にゲラゲラ笑っている。キリがないから現場中心にまとめてしまったけど(まとまっていない)これ以外にも毎月出る雑誌とか、自分が入っていない現場のレポとか、youtubeとか局動画とか沢山コンテンツを楽しめた一年だった。ありがとう2018年。何より大光くんについて沢山知れた2018年、めちゃくちゃ楽しかった!!!!大光くんの話もいつかブログに書くぞ~

 

2019年もよろしくお願いします!!!!!

 

最後に!!!!

 

 

 

 

7MEN侍にも!!!!youtube!!!!!

くれ!!!!!!!!

1度しかない今年の夏を終わらせたくないオタクのひとりごと

Jr.担にとって夏が特別であることは重々知っていた(つもりだった)。Jr.担は夏の現場(主にEXシアター六本木)が発表される5月に入ると大体「今年も〇〇くんとの夏が来るね(ˊo̴̶̷̤ ̫ o̴̶̷̤ˋ)♡」「はぴさまにしようね♡」って言ってるし8月が終わる頃には「今年の夏が今までで1番幸せだったよ(ˊo̴̶̷̤ ̫ o̴̶̷̤ˋ)♡」って言ってるし、冬になっても大体事ある事にEXシアターの話題を持ち出す。Jr.担の夏準備期間から夏懐古期間を纏めたら、余裕で1年の半分くらいは夏だと思う。

 

私は今年、初めて両手で収まらない回数EXシアターに足を運んだ。痛いくらい日差しが照りつけるあの屋上で(時には雨風に打たれながら)Maison de FLEURのイニシャルチャームを身に付けた軽く10cmはあるであろう厚底パンプスを履きこなす女の子達が見知らぬ人と整理番号を聞き合い列を作る。開演45分前に開場が始まると、気持ち早歩きでミストの扇風機の下を潜り階段を降りながらチケットに切れ目を入れて、係員に手渡す。東京のど真ん中、港区六本木の屋上で1ヶ月間ほぼ毎日行われているこのルーティーン。どこを掻い摘んでも不思議な光景でしかなかった。2000人近くが列を成し、ぐるぐると階段を降りる。地下3階までたどり着くと、そこに座席がある訳でもなく、各々が当たり前のように把握している自担の立ち位置の近くや"バルコ下"に陣取る。

公演の回数を重ねるにつれ、今年のサマステの本編エンディング曲であるepilogueが終わり、メンバーが捌けた瞬間からアンコールのために後ろを向いて構えるオタクが大多数となる光景がジャニーズJr.の現場の異質さを際立たせた。

 

テレ朝夏祭りの会場とは少し離れた地下深くのライブシアターで、1ヶ月間ほぼ毎日行われるキャパ2000人以下、スタンディングのライブ。しかも今年のライブタイトルは"裸の少年"コンプライアンス.....。 大きなドーム会場のステージに立ち歓声を浴び、日々雑誌の表紙を独占するジャニーズタレントのイメージとは、やっぱり少し違う。けれど、幕が上がってセットの上から私たちを見下ろすアイドル達は、確かにジャニーズJr.だった。

毎公演が終わるたびに、「何でこんな素晴らしい子達が魔宮(EXシアターをそう呼んでいた)でひっそりとコンサートしてるのか意味が分からない!!!」が口癖になっていたし、特にHiHiJetsの作間龍斗くんに関しては「今まで見た人間の中で一番綺麗......どっからどう見ても地上波ゴールデン番組のドセン.......」とうわ言のように呟いていた。

 

暑い 窮屈 そもそも席がない ジャニーズのコンサート会場としては劣悪極まりない会場とも言えるけど、私はEXシアターが大好きだった。あの階段を降りていく緊張感と高揚感は何度経験しても慣れるものでは無いし、入場してから30分近く立ったまま待たされるのも友達と話しながら(時には周りの担当を確認しながら)待つとそこまで苦ではなかった。(さすがにちょっと疲れた) 何より距離が近い。いわゆる遅番でも肉眼でメンバーの顔は認識できるし、ファンサを貰うことだって容易い場合が多い。私はファンサに拘るタイプではないオタクだけれど、それでも近くに来ると指でサインを作ってしまうし、それに答えてくれると飛び上がって喜んでしまう。いわゆる「構ってくれた(ˊo̴̶̷̤ ̫ o̴̶̷̤ˋ)♡」ってやつだ。

 

今年の夏はHiHiJetsと東京B少年がメインサポーターとして公演を行った。HiB合同、HiHiJetsと侍の合同、HiHi単独、B少年単独の全部で4パターンの公演。どれも足を運んだけれど、本当にどれもめちゃめちゃ良かった!!!!!!!おばさん感動した!!!

 

私はHiHiJetsが大好きである。それはそれはもう、中間テスト期間にもかかわらず大学を飛び出し、自担のいないHiHiのクリエに入ったくらいには、HiHiの5人の空気感が大好きだったし、5人が作るステージが大好きだった。今回、1番多く入ったのはHiHiと侍の合同公演だった訳なんだけど(クリエも佐々木大光くんにハマったからみたいなところはある) 5人のステージはいつもと変わらないMCの安定感、それでいて確実に進化しているスキル、初めから最後まで盛り上がれるセットリスト....本当にHiHiはすごいって舌を巻いたし赤い衣装を着て踊るHiHiJet→FIRE!!!→だぁ〜どらの流れが堪らなく好きだった。HiHiJets、やっぱり凄かった。

そして東京B少年。「2000年代生まれの6人組」今書いたけど、HiHiと比べちゃってこの1年間もどかしいなぁって思ってしまったことが何回もあったし、毎回毎回本人達の成長が目に見えてわかる分、推された分の周りからの圧力とか、しんどいなあって思うこともあったんだけど、B初日に入って180°その気持ちが変わった。特にactshowが始まった瞬間、クリエとは見違えるくらいロッキンが上達した6人を感じて本当に本当に驚いた。きっと想像の何十倍も練習して振りも揃えたんだろうなあ、B少年は結成当初から見てたけど成長速度を甘く見ていたかもしれない。本当に本当にひたすらかっこよかった(単番だったから初日は1人で静かに涙を流すオタクと化した) 新曲の僕らはmysteriousも、一人一人に見せ場があって、セリフもあって、ダンスも揃ってて、ジャニーズらしい楽曲ですぐお気に入りの1曲となった。MCも、今までは親心のような気持ちでハラハラオタクに見つめられながら過ごす謎の空白()が多発していたけれど、今回は純粋にお腹を抱えて笑える場面が何回もあって、沈黙もなくなって、成長に驚いた。MCを回すのは浮所くんが主だけど、那須くん藤井直樹さん大昇の聡明さ、天真爛漫な龍我、殻を破りつつある金指くんのそれぞれが本当に仲良くなってMCについて色々話し合ったんだなぁと思った。那須くんがエゴサを公言した時は驚いたけど、6人で最強のアイドルになろうとしているのが伝わってきたし、B少年がもっともっと大好きになった。

 

来年はもっともっと大きいキャパで夏を過ごせますように、って口では言いながらも、EXシアターが大好きで、まだ手の届きそうで届かないくらいの距離でライブをしていて欲しくて、でもそんな所よりももっと広い場所で輝くれべき11人がいて、、ってジレンマだけれど、今年は本当に楽しい夏を過ごさせてもらった。

 

 

みなみなサマーでは「1度しかない今年の夏」とか記者会見で「平成最後の夏」とか、アイドルからそんなエッッッモいことを言われたらただでさえ大切な夏がかけがえのない夏になってしまう、来年も11人で過ごす全員学生かつ10代の夏じゃないことなんて痛いくらい分かるから、本当に青春を投げ打ってアイドルをしてくれてありがとう、HiHiB少年最高の夏をありがとう!!

 

f:id:daichan415:20180902144308j:image

 

Princeありがとう

私が1年と少し前から担当と呼び始めた岸優太くんがいよいよ今週、CDデビューします!めでたい....めでたいよ...岸くんまずは本当におめでとう!!!

5月23日に、シンデレラガールって素晴らしいデビュー曲をもらって、しかも前々から知名度の高いドラマの主題歌で、主演はメンバーで。発売週のMステも決まったし、当日の朝冠コーナーを持つ情報番組での生披露も決まったし、2017年の私には想像もつかないくらい環境がどんどん変わって、デビューってこういうことなんだと思っています。明日からCDが店頭に並ぶし、ジャニーズJr.ではなくなるんだと思うともっと手の届かないところに行っちゃうんだなぁとほんのりさみしい気持ちもあります。

 

5月23日にデビューするKing&Princeは、Mr.KINGだった平野紫耀くん永瀬廉くん高橋海人くんとPrinceとして活動してきた岸くん、岩橋くん、神宮寺くんの6人で結成されました。2015年にはMr.KINGvsMr.Princeとして共に活動してきた6人でしたが、夏が終わると二組に分かれて別々の仕事を行っていたらしいです。らしい、というのも私はMr.が取れた後のPrinceで活動する岸くんを好きになったので、2015年のキンプリは外野から見ていただけにすぎないからです。

VSが付いていただけあって、事ある事にPrinceとKINGは比べられることが多かったように思います。現に私は岸くんが、そしてPrinceが大好きになってどうしていつもKINGばっかりなんだろうなぁ、MステにPrinceも出てほしいなぁなんて考えることが多かったです。何度も言うけど私は二つが一緒に活動していた時期に岸くんに降りていなかったので、KINGはPrinceのライバルなんだ、という視点で見ることが増えていました。そんな中決まったキンプリとしてのデビュー。正直心の中で3人で、Princeが先にデビューすることは現実的に難しいんだろうなぁとか序列的にもデビューがあるなら6人かなとはぼんやり考えることはあったけど、まさかこんなタイミングで(センター試験3日後)デビュー発表あるのか、と嬉しさより驚きや戸惑いの気持ちが起こりました。

時が経つにつれて、平野を中心にした話し合いだとか時期尚早と言った岸くんとれんれん、と本人達からデビューまでの道のりが語られたりメンバーカラーが変わったり、デビューへの実感も湧くようになりました。

3人がずっと一緒に活動できることがとにかく嬉しくて、岸くんが安定してお仕事を貰えること、働けること、きっと色々な人に愛されるような人になるんだろうなぁって思えることが私を幸せな気持ちにさせました。

シンデレラガールも素晴らしい曲で、sweet gardenのグッズも可愛くて、VS嵐も出て、、、ってあっという間にデビュー発表から今日まで来ました。

 

あれ、寂しい。めちゃめちゃ寂しい。

私が急に寂しさを感じ出したこの一週間。周りのオタクがたくさんTwitterに3人の画像を載せ始め、オリ曲披露の少クラがたくさんタイムラインに流れていました。

もう3人であの小さいシアターでコンサートをしたり、小さすぎるスタジオでライブをしたり、はたまた名前にあやかったホテルで公演をすることもないんだと思うと寂しさがじわじわこみ上げてきました。

わたし、思っていた以上にPrinceが好きだったんだって今更気づいて、心からデビューを喜びたいのに寂しさが勝ってて、Princeへの気持ちを残しておこうと思って今日ブログを書いています。(前置きが長い)

 

Princeのどこが好きなんだろうって考えた時に、やっぱり世界観が好きだなぁと思います。

Princeの名に恥じない王道ジャニーズ路線、お互いをすごい大事にしている気持ち、3人にしか出せない平和なMC、そしてオタクのことをPrincessって呼んでくれるところも、全部が大好きすぎて辛い。しんどい。

オタクの呼称なんてマジでどうでもいいと思っていたし(とびっ子)、Princessを名乗れる容姿でも身分でも何でもないけどコンサートの度に「Princessが世界で1番のファンだよ」って真っ直ぐに言ってくれる3人がすっごくかっこよかった。3人とも挙げることの多い2017年夏、EXシアターは間違いなく世界で1番幸せな場所だったね。プリプリが名曲なのは勿論、描いた未来で度々作る3人の三角形、そして最後のオリジナル曲のタイトルは「You are my Princess」

天才か????しかもその曲初披露の品プリコンサートタイトルは「my Princess your Prince」だからな????オタクの呼称をコンサートタイトルに入れることもまずないのにグループ名よりも先だなんて.....

KINGの誰かが、デビュー決定後に雑誌で「PrinceはPrincessってファンを呼んでるのがすごい、俺にはできない」みたいなニュアンスのことを言ってるのを見た時に、あぁもうPrincessって呼ばれることはないんだなぁと気づきました。

そこから結構モヤモヤしちゃうこともあって、あの夏あの場所で誓った未来、描いた未来は6人のものだったのかなぁって思っちゃうし、てかあの時3人で誓った未来って言ってたし...ってひねくれた考え方もしてしまいます。

どれもこれも、6人が嫌いとかじゃなくて3人が好きすぎただけで、KINGの方も似たような気持ちの人がたくさんいるだろうし、それだけ個々でカラーを確立した2年間だったんだろうなぁと思います。

でもデビュー決定の時からずっと思ってるのは、岸くんがいる場所はどこでも正解だって思えるということ。そんなふうにオタクを思わせてくれる岸くんへの信頼は計り知れないしこれからも岸くんがリーダーなら、岸くんがいるなら絶対にこの選択は間違ってないって信じられる気がするよ。

今でもPrinceは世界で1番のグループだなぁと思うし一生忘れないしPrincessって呼んでほしいし多分まだPrincessって言い続けるしディズニープリンセスとか見ちゃうしフルール・ド・リスを見ておぉって思っちゃうけど、これからはKING&Princeとして3人の姿がもっと、ずっと見ていられるといいなぁと思っています。

何年後かには今よりももっと綺麗な思い出になってるといいなぁ!!

Princeに出会えて、初めてのジャニーズJr.オタクがPrinceと過ごせて、いっつも幸せにしてくれて本当にありがとう!!!!Princeを好きになれて本当に良かった!!!もうPrinceってグループはなくなってしまうけど、私は絶対に忘れないから、忘れないでね、Prince大好きf:id:daichan415:20180522003340j:image

岸優太くんデビューおめでとう㊗️


岸くん!!!!!


デビューおめでとう!!!😭


いつも通り学校に行って、いつも通り授業を受けて、いつも通り帰宅してスマホを開いて飛び込む「キンプリデビュー」の文字文字文字、本当に信じられなかったです。

ジャニーズを好きになってから、4回のデビューを経験してきたわけだけど自分が応援しているユニットがデビューするなんてことは初めてで(そもそも岸くんを好きになるまでJr.にハマったことがなかった)本当にデビューってあるんだなぁという気持ちです。


私は岸くんが好きだと気づいて自分が1番楽しみながらオタクをしてきたんだけど、私が好きになってからデビューするまで、Princeを、岸くんを応援してきて楽しくなかったことなんて本当に一回もなくて。確かにJr.の中で露出に差があったりとか、悔しいなぁと思うことはあったけど、Princeは何倍も先をいってて、夏も写真集も湾岸もプリンスホテルも、現場に行けない私ですら楽しめるような素敵な機会をたくさん作ってくれました。

だけど、やっぱり正規雇用ではない立場のJr.は流動的で、いつ誰がいなくなるかなんて誰にも分からなくて。

このままずっとPrinceのままでいてほしいなぁって気持ちが1番でその気持ちはずっと今もあるし、岸くんを好きになってPrinceが好きになって、こんなに箱で推せるグループにもう出会える気がしないって位Princeはすっっごく特別なグループです。

だけどデビューはゴールではなくスタートで、実際にデビューした後にどうしていくかってなった時に勝ちに行くために現実的なのは6人でってことなのかなぁと思うと腑に落ちやすくなります。平野ありがとう。

本当はPrinceも3人がよかったんじゃない?とか言ってるオタクもいて、3.3で分かれて夏秋お互いに成功させた今、逆にその感情があるのが当たり前だとも思うけど私は本人たちが発する言葉しか信じられないし6人でって6人が決めるなら(というかもう決まったし)6人をもっともっと好きになっていきたいなぁ。KINGのことまだ詳しくないからもっと知っていきたいし!

Princessって呼ばれることも少なくなっちゃうのかなとか思うと寂しいんだけど、Princeって名前が残るの嬉しいし何より岸くんがこれからもずっとアイドルでいられるのがすっごく嬉しい!神宮寺くんといわちと一緒にいる岸くんが本当に好きで、半永久的に一緒にいることと嬉しい!すっごく嬉しい!

デビューしたらCDで岸くんの声も聞けるしカウントダウンだって出れるし、大型歌番組にも出れるし、もっと知ってもらう機会が増えるはず。岸くんは絶対にもっと広いところで色んな人に愛される人であるべきだなぁとずっと思っています!

6人でも3人でも、岸くんがそこにいるならそこが正解なんだと思うしそう思わせてくれる岸くんはやっぱりとってもとっても大好きだなぁと思います!

本当にデビューおめでとう!これからもよろしくお願いします。( i _ i )

2017年もアイドルにありがとう①

2017年も今日で終わりということで、今年も私の生きがいだったアイドルありがとうドンドンパフパフの記事をあげま〜〜す!!!!今年も生かしてくれてありがとう日本の誇りアイドル(号泣)


SKE48

SKEは私の人生の中で全く冷めずにずっとずっと大好きでいられるアイドルグループで、飽き性の私が何年も同じ熱量で応援できるのはSKEには魅力しかないからだと思います。今年はSKE一筋になって私的には5年目で、「オワコン」だなんて外野からヤジが飛んで来る時期もあったけど、私はずっとずっとSKEが1番だと思ってたから今年も私の大好きなSKEのままでいてくれて本当にありがとう!SKEはいつも本当に楽しいしプロだし熱いし私の中でかけがえのないグループなんだけど、今年は売上とかニュースとか、結果が形になることが多くてとってもとっても幸せでした。マンゴー50万枚おめでとう!SKEは全員でSKEですって言葉が流行したけど、本当にその通りで。劇場でもメディアでも全員が全力だから今のSKEがあると思うしSKEのパフォーマンスは本当にどこにも負けないし、今までこのクオリティーが下がっちゃったら私はSKEから離れるんだろうなって何回も思って来たけど下がることのないライブの質は自慢するべきものだと思います!!あ〜〜全オタクにSKEの公演を見てほしい(;_;)来年は10周年ということで、私も大学生になれる予定で、そうしたら名古屋にもたくさん足を運べるはずで!!(笑)もう一回大切なあの場所に、SKE48だけで立てるようにずっとずっと応援しています。SKEは自慢のアイドルです!今年もありがとう!!


②片岡成美ちゃん

なるぴー、今年もありがとうございました🤤お披露目からずっと見てるけど、今年のなるぴーが1番キラキラしてました!来年ももっとキラキラするなるぴーがみたいです!記念公演でSKEの中で公演出演回数1位貰っててもえそれだけですっごい嬉しかったのに次の日に昇格があって名前呼ばれて、マジであれ程嬉しかったことはないです!!いや私の推しカッコよすぎるだろと思いました!!呼ばれるべくして呼ばれた感じ!!ステージの上で輝くなるぴーが1番好きです!!全部好きだけど!!755もいつも頑張ってくれてて嬉しい!!大忘年会で出演回数が48グループで1番だったって聞いた時は涙が止まらなかったよ。一年の半分近くの回数公演に出て、握手もコンサートもこなして、SKEらしいなるぴーが本当に大好きです!!身長も147cmということで、10cm伸びてて、もう来年には高校生になっちゃうんだね!JSだ〜どうしよう!って思ってたお披露目から本当にあっという間だよ!LJCのなるぴーに会いに行くのを目標に受験頑張ろうと思います\(^o^)/待っててね!今年も本当にありがとう!!!!


長くなっちゃったからジャニーズと分けよう!(⌒▽⌒)

あとさーなんの記事も書き貯めてるので今日あげて心の整理をつけたい。

今年もありがとうSKE!!!大好き!!

片岡成美ちゃんがスゴイ

f:id:daichan415:20170528223512j:image 

SKE48、めちゃめちゃに好きなんだけどSKE内で初めて推し変をした。7期オーディションが始まって公開審査になってすぐかな?この子可愛い!顔が綺麗!って思ったのが片岡成美ちゃんだった。ニコ生の7期紹介で完全に落ちて、そこからずっと1番好きなのは片岡成美ちゃんですって言うようになった。

 

初めは完全に見た目で入ったのだけど、この子は本当に強くてかっこよくて芯のある子だって気付いた。

 

制服の芽のアンダーテストでは、最後まで残ったメンバーの1人だったし、キャッチフレーズには「小さい分だけ動きは大きく」なんて私が1番好きな踊り方を取り入れてて、当時は137cmの小さい身体で全力で踊ってる小さな女の子に私はすぐに虜になった。

 

 

加入当初はまだ中学一年生になったばかり。周りと比べても小さめの身長にその年齢に、どうしてもロリって前提になってしまいがちで固定ファンを増やすスタートダッシュには少し遅れてしまったかも知れない。

f:id:daichan415:20170528223501j:image

 f:id:daichan415:20170528223512j:image

 

身長が小さい!可愛い!伝説のキャプ。

 

私はなるぴーがビジュアルメンだとオーディションのときから思ってたから、そうか〜年齢の壁もあるよなぁ、あと数年後絶対に美人になる顔だと思うんだけどなぁ、とちょっぴり悔しい思いにもなったのだけどなるぴーは私の期待をいい方に裏切ってくれた。

 めちゃめちゃアンダーで活躍し始めたのだ。もう推しが自慢で仕方ない。元オタでりぃちゃん推しだもんな…サイリウムの色と一緒にそこも受け継いでくれたのかって、私が行こうにも行けない劇場でピンクと紫のサイリウムを振るファンに勝手に思いを馳せてた。

 

入って初めての生誕祭では目標は「選抜に入りたいって言えるようになること」って言ってたなるぴー。奥ゆかしい。選抜に入りたい、じゃなくて入りたいって言えるようにって。

まだたったの13歳だったのに、自分の現状とこれからやるべきことをしっかり見据えてるなるぴーがすっごく頼もしかった。

 

その2ヶ月後に書かれたこのブログ。

http://www2.ske48.co.jp/blog/detail/id:20160510230604877

はたごんと、今は卒業しちゃったなるちんの年長組だけに研究生公演を任せたらいけないんじゃないかって内容にまた心を打たれて。

本当に13歳?って思うくらいに一つ一つの公演を大事に大事に取り組んでるんだろうなぁって伝わってくるし、最後の「成長を感じました」のところなんてすっごく可愛い。なんだこの生物は。見た目は小学生なんて言われてるけど、誰よりも大人なんじゃないかなってくらい、たまに心配になるくらい冷静ななるぴーが少し怖くて、でもすっごくかっこよくて、またどんどん好きになってった。

 

言ったことを着実に有言実行しながらこなしていくなるぴーにますます惚れて、ここで2016年イチ熱かった1日がやってくる。

 

http://ske48matome.net/archives/48853204.html

 

何があったかはこのまとめサイトを見てくれた方がわかりやすいと思う、何回読んでも泣ける。なるぴーもかっこいいけど、これがSKEなんだって胸がぎゅっと熱くなって、showroomがあることでリアルタイムで状況も分かって。

 

私はダンス部に入っているのだが(ダンスをやりたいと思ったきっかけももちろんSKE)本番2時間前に連絡が来てそこからポジションが変わる、つまり新しい振りを入れて、2時間の公演をこなすなんて並大抵じゃない。

ダンスの振りもそうだけど、一度頭に叩き込んだ立ち位置をポジションが変わることでごちゃごちゃになりながら1から入れ直さなくちゃいけなくなる。こんなことが入って1年の中学二年生に出来るのか、少なくとも私はこんな中学二年生見たことない。ばっちしこなしてた推しが本当に誇りで、かっこよくて。

ポジションや曲を新しく入れても飄々とこなしたさきぽんもあんにゃも、支えたK2ももちろんみんなすっごくかっこよくて、15人じゃダメ、16人でやるって想いの強さ、劇場公演への気持ちの強さに涙が止まらなかった。showroomがなかったらこんなに切羽詰まった状況だったってそこまで臨場感はなかっただろうし、今までのスクランブル公演にもこんなドラマが毎回生まれていたんだろうし、それを表に出さずにこなすSKEがプロアイドルすぎて大好き以外の感情を失った1日だった。

 

同期の中ではスクランブル公演もアンダーもトップクラスの活躍をして、研究生としての仕事を最大限にこなしてるなるぴー。

 

しかし、次の昇格の最有力候補だね、なんて盛り上がってた矢先の昇格発表、彼女の名前は呼ばれなかった。

 

その場に居合わせたわけじゃなくて、TLで把握したから本当に初めは理解できなくて、信じられなかった。運営何考えてるの、あの子の2週間前の頑張りも、その前までも見てなかったの?ってモンペが発動して、悲しみも怒りも疑問も抱えて、また枕を濡らした夜を過ごした。

 

握手が売れてないから、なんて言い分があるのも理解していたし、自分が忙しくてバイトもしていなくて握手になかなかいけてないのも引け目に感じてたし、もっと出来たことはないのかなって、同期で研究生に残されたのは4人になっちゃって、絶望して辞めたらどうしようなんて考えて、死んでる数日を過ごした。

 

http://www2.ske48.co.jp/blog/detail/id:20161122000717740

 

そんな中、片岡なるちゃんの毎日が更新された。このブログは本当にすごかった。

前の昇格とは違って悔しいと思えた自分の気持ち、ステージ上で駆け寄ってくれた先輩もそうでない先輩にもすごく感謝しているし、同期とのわだかまりもない、と周りにまで配慮して、最後には明るい話題で締めて。

何より「私はこんなことで折れる人間ではないし、頑張って!と言われないと頑張れない人間ではありません」の言葉。

推しなのに、私はなるぴーのことを過小評価してたのかな、とも思わせてくれるくらいの頼もしい言葉だったし、辞めちゃったらどうしようなんて一瞬でも考えた私を優しく咎めてくれたようにも思えて、すっごくかっこよくて尊敬した。そんな簡単な言葉では言い表せないんだけど、、本当に1年でここまで成長したなるぴーがかっこいいし最高だし、まだまだこれからだってファンに思わせてくれた。

 

http://ske48matome.net/archives/49537095.html

 

再度のスクランブルも経て、たくさんの先輩から褒められて、自分のことのように嬉しくて。褒められてるのはなるぴーなんだけど。

黙々と練習をして、とか、鉄人だ、とか。私が好きになった時のカラオケルームでglorydaysを歌っていたなるぴーより何倍も大きくなって、かっこよくなって。近くで見ている先輩からここまで言われるのはすっごく立派なことだと思うし、K2ってチームにはやっぱり特別な感情もあるんじゃないかな…なんて思ったりもする。

公演後のブログにも、楽しかった!なんて無邪気に書いてくれて、自分の大変さを全く見せなくて。すっごく大変なことだって周りは言っているしみんな知っているのに、自分からは何も言わなくて、黙々と仕事をこなす仕事人のなるぴーもまた一つ好きになった。

 

3月に入り、全チームのアンダーを務めるようになってスケジュールがすっごくパンパンになったね。


2/20 E公演
2/22 KⅡ公演(後半から)
2/23 研究生公演
2/24 研究生公演
2/25 KⅡ公演(昼夜)
2/27 E公演(当日招集)
3/1  E公演
3/2  S公演
3/4 研究生公演(昼夜)
3/5 研究生公演(昼夜)
3/6 E公演
3/7 KⅡ公演

 

ほとんど毎日の公演に、私は身体の方を心配した。SKEらしい運動量が大きい公演たち。良くも悪くも全力で取り組みすぎるが故に怪我で卒業をしていったり、思うように活動を出来ないメンバーも今までにたくさん見てきたからだ。

本当にこれからも身体だけは第1で活動していってほしいなぁ、気をつけてねなるぴー( ; ; )

 

研究生公演が青春ガールズに変わると発表されたのもこの時期だった。

それを受けてのなるぴーのブログには、不安でいっぱいだとか、(欠員は)研究生で埋める、とか熱い決意が語られていて。

私は、公演を何よりも大切にするこの子がすっごく好きだ。

昇格発表のあとのブログで語っていた最強研究生を作りたい、という言葉も、一緒に最強研究生を作りたいって言ってくれた子がいたんですって嬉しく報告してくれた可愛いなるぴーも全部私が好きなSKEを体現してくれてる気がしてしまう。

自分の2回目の生誕祭でも、party公演に来てください、なんていつも自分が主役のときでも考えるのは周りのことで。そんななるぴーが本当に大好きで仕方なくて。

公演を変えたからって最強研究生に必ずしも近づくわけではない、と相変わらず自分には厳しいなるぴーだけど、周りはみんな凄さにとっくに気づいてるしもうちょっと肩の荷を下ろしても大丈夫だよ、って声もかけたくなるけど、私が追いつかないほどのスピードでなるぴーは一回りもふた回りも大きくなっていく。

ほののと和田ちゃん、ゆうかたんもおーちゃんも、とにかく同期にすごく支えられてるんだろうなぁともおもいます😌

 

きっと私はなるぴーに無意識にSKEの1番好きなところとを重ねてて、SKEの未来を作っていって欲しくて、何より彼女の夢を叶えて欲しくてたまらないんだと思う。

推しの背中を追いかけてグループに入って、入ってからも鉄人、と呼ばれる所まで同じで。

時々冷たい目をするところも、ステージを降りると可愛い可愛い14歳なところも、showroomは大体地声なところも、公演だけじゃなくて全部が片岡成美ちゃんだし丸ごと大好きだ。

 

感謝すべきことにも感謝

嫌なことにも感謝

未来にも感謝

 

必ずブログの最後に載せているこの三文になるぴーの人柄が全て詰まってると思う。

 

私はなるぴーがもっともっと前で踊るのも、PVでソロで抜かれるのも、雑誌に載るのも見たい欲張りなオタクだからこれからもずっとずっと応援してるね。いつも道しるべになってくれて、私のモチベーションでいてくれてありがとう。

 

もっともっと一緒に大きくなろうね!!!

なるぴーの笑顔がこれからもずっと見られますように!、大好きだよ!!!

f:id:daichan415:20170528234405j:image