前のめりに夢見る

Hey! Say! JUMPとPrinceが好きです

2017年AKB48選抜総選挙私的総括

今年も終わったAKB48選抜総選挙。48グループを応援しているファンは、毎年避けては通れない一大イベント。今年でなんと第9回を迎えたそうだ。早い。
私が総選挙を48グループのファンとして迎えるのは7回目。毎年涙なしでは見られないこの総選挙には、推しメンとファンとのたくさんの絆が垣間見える。
その中でも、私が応援しているSKE48は『選挙に強い』SKE、なんて呼ばれることが多く、私はこの言葉が大好きだ。
不遇だなんて言われることが多いSKE。運営が推さないなら誰が推すの?と、票数という形でファンが人気を示してきた。(昨年圏外の柴田阿弥ちゃんの速報8位ランクインなど、しかし最近は速報勝負の陣営が増えてインパクトは薄れてきてしまったが)
学生である私は、大量に票を入れられるわけではないが学生だからこそできる、いわゆる『布教』を総選挙期間は行う。おかげで推しの片岡成美ちゃんの友達内認知度は100%だ。
ともかく、SKEのSKEのための選挙戦が毎年すっごく楽しい。今年も例外ではなかった。

速報圏外だった江籠裕奈ちゃんの大躍進。同じく速報圏外だった真那は確実な強さを見せてくれた。かおたんも、順位や票数は下がったものの、速報91位から18位という結果となった。
NMB48のアカリンこと吉田朱里ちゃんの選抜入りにも見られるように、SNSの活かし方が重要だった選挙にも見えた。
そう考えると、メディア露出が他店に比べて少ないSKEは不利だったかもしれない。けど、今年は選挙に強いSKEが帰ってきた気がする。
総ランクイン数こそ第1党には及ばなかったものの、KIIはランクイン数9人で全チーム中1位。さらに、選抜16人のうちではSKEは5人を占め、初めての第1党となった。
2016年後半から、SKEはまた変わり始めた気がする。名古屋中心のイベントが増えて、2017年の始めには念願の2ndアルバムが発売された。全国ツアーも再開された。
特に特に、他店より圧倒的に世代交代が進んでいると思う。大人数のアイドルグループには避けては通れない、フロントメンバーの大量卒業。これを既に乗り切ったSKEは強い。
今回のランクインの内訳を見てもそうだ。
ドラフト1期生で選抜入りを唯一最速で果たしたKIIの惣田ちゃん。いや〜、KIIは若手の育成が本当に上手だと思う。ドラフト会議もSKEがいなかったら盛り上がらなかったでしょ、涙を流しながらメンバーを選んでいく熱いSKEが本当に好きだ……と(余談)
6期以降のランクインが9人と、半数を占めている。嬉しい。初ランクインの7期3人など、去年悔しい思いをした分、本当に嬉しかった。
特に楽々のランクインには感慨深いものがある。
前のめりで合格数ヶ月で選抜入り。しかも玲奈ちゃんの卒業ソングで、玲奈ちゃん珠理奈に続く3番手。卒業ソングなのもあり、楽々の場所にはちゅりじゃないの?なんて声も聞こえ、楽々は何も悪くないのにどうしてもファンから好意的に受け止められることは少なくて。 7期の中ではセンターにこだわる樺乃ちゃんを諭したり(ここの7期エースかのゆららの3人の関係がめちゃめちゃに好きだったりする)弱さなんて見せないのに、沖縄での前のめりのPV撮影でぼろぼろ泣きだした楽々。英語やゴルフという優等生な特技。特徴的な笑顔。いつの間にかみんな、まだ中学生だってことを忘れていたのかもしれない。
その次に訪れる秋には、SKE初のユニットがメインのシングルが発売されて、メインユニットに抜擢された。珠理奈、江籠ちゃん、綾巴、くまちゃん、菅原、ゆななと各期のエースが揃う中、楽々には珠理奈の脇で綾巴とシンメという場所が与えられた。
翌年迎えた総選挙では、結果は圏外。しかし、自分より上のメンバーを差し置いてフロントメンバーに選ばれ続ける楽々。
今年の総選挙の時期に、楽々はポロっと言った。『結果を出さないと、もうこの位置にいられないってスタッフさんに言われたんだ』
オーディションからすぐ、目に余るくらいの推されを受けてきて、バッシングも7D2の先頭で受け止めてきた当時中学生の楽々。
少しでもSKEが好きならば、楽々がとっても頑張っていることは明らかなのに、形に見える結果を早く、早くと焦って求める楽々が見ていて本当に辛かった。
SHOWROOMでこぼす涙を見た数多くのSKEファンと迎えた総選挙本番。速報より順位は下がったものの、46位という素晴らしい結果となった。
壇上でくしゃくしゃになって笑う楽々は、外仕事で落ち着いて大人びている楽々じゃなくて、等身大の、同期と笑い合う時の楽々で。
15歳の楽々が垣間見えた気がして、本当に嬉しいランクインの一つだった。
けど、総選挙は全てが満足いく結果になることはなくて。綾巴、さきぽん辺りは伸び悩んでるし、優月やるかも。選挙が人気の全てではないけど、ある程度の指標にはなる訳で、来年こそは、と気持ちを引き締める。
花音が総選挙圏外だったのは、もうしょうがないことなのだろうか。美しい稲妻で、JRの脇に立ったゆりあと花音を見て、私はこれからのSKEは2人が引っ張っていくものだと思っていた。
Twitterで見る限り、花音の圏外に触れているファンが思った以上に少なく、昔のSKEでこの状況だったら悲壮感でいっぱいだったはずなのにそうでもないように見えた。
やはり、他の『エース候補』がきちんと結果を出してるからなのだろうか。少し寂しい気持ちになった。

最後に、推しの片岡成美ちゃん。
総選挙では、自分の存在をたくさんの人に知って欲しい、と言っているね。
いつかその目標が、絶対にランクインしたい、に変わった時には全力でサポートするね。全部貴女に入れるね。
だから、そう言えるようになるまで私はずっと待ってるよ。謙虚な貴女がずっと好きです。

 

 

長くなってごめんなさい🙇‍♀️

片岡成美ちゃんがスゴイ

f:id:daichan415:20170528223512j:image 

SKE48、めちゃめちゃに好きなんだけどSKE内で初めて推し変をした。7期オーディションが始まって公開審査になってすぐかな?この子可愛い!顔が綺麗!って思ったのが片岡成美ちゃんだった。ニコ生の7期紹介で完全に落ちて、そこからずっと1番好きなのは片岡成美ちゃんですって言うようになった。

 

初めは完全に見た目で入ったのだけど、この子は本当に強くてかっこよくて芯のある子だって気付いた。

 

制服の芽のアンダーテストでは、最後まで残ったメンバーの1人だったし、キャッチフレーズには「小さい分だけ動きは大きく」なんて私が1番好きな踊り方を取り入れてて、当時は137cmの小さい身体で全力で踊ってる小さな女の子に私はすぐに虜になった。

 

 

加入当初はまだ中学一年生になったばかり。周りと比べても小さめの身長にその年齢に、どうしてもロリって前提になってしまいがちで固定ファンを増やすスタートダッシュには少し遅れてしまったかも知れない。

f:id:daichan415:20170528223501j:image

 f:id:daichan415:20170528223512j:image

 

身長が小さい!可愛い!伝説のキャプ。

 

私はなるぴーがビジュアルメンだとオーディションのときから思ってたから、そうか〜年齢の壁もあるよなぁ、あと数年後絶対に美人になる顔だと思うんだけどなぁ、とちょっぴり悔しい思いにもなったのだけどなるぴーは私の期待をいい方に裏切ってくれた。

 めちゃめちゃアンダーで活躍し始めたのだ。もう推しが自慢で仕方ない。元オタでりぃちゃん推しだもんな…サイリウムの色と一緒にそこも受け継いでくれたのかって、私が行こうにも行けない劇場でピンクと紫のサイリウムを振るファンに勝手に思いを馳せてた。

 

入って初めての生誕祭では目標は「選抜に入りたいって言えるようになること」って言ってたなるぴー。奥ゆかしい。選抜に入りたい、じゃなくて入りたいって言えるようにって。

まだたったの13歳だったのに、自分の現状とこれからやるべきことをしっかり見据えてるなるぴーがすっごく頼もしかった。

 

その2ヶ月後に書かれたこのブログ。

http://www2.ske48.co.jp/blog/detail/id:20160510230604877

はたごんと、今は卒業しちゃったなるちんの年長組だけに研究生公演を任せたらいけないんじゃないかって内容にまた心を打たれて。

本当に13歳?って思うくらいに一つ一つの公演を大事に大事に取り組んでるんだろうなぁって伝わってくるし、最後の「成長を感じました」のところなんてすっごく可愛い。なんだこの生物は。見た目は小学生なんて言われてるけど、誰よりも大人なんじゃないかなってくらい、たまに心配になるくらい冷静ななるぴーが少し怖くて、でもすっごくかっこよくて、またどんどん好きになってった。

 

言ったことを着実に有言実行しながらこなしていくなるぴーにますます惚れて、ここで2016年イチ熱かった1日がやってくる。

 

http://ske48matome.net/archives/48853204.html

 

何があったかはこのまとめサイトを見てくれた方がわかりやすいと思う、何回読んでも泣ける。なるぴーもかっこいいけど、これがSKEなんだって胸がぎゅっと熱くなって、showroomがあることでリアルタイムで状況も分かって。

 

私はダンス部に入っているのだが(ダンスをやりたいと思ったきっかけももちろんSKE)本番2時間前に連絡が来てそこからポジションが変わる、つまり新しい振りを入れて、2時間の公演をこなすなんて並大抵じゃない。

ダンスの振りもそうだけど、一度頭に叩き込んだ立ち位置をポジションが変わることでごちゃごちゃになりながら1から入れ直さなくちゃいけなくなる。こんなことが入って1年の中学二年生に出来るのか、少なくとも私はこんな中学二年生見たことない。ばっちしこなしてた推しが本当に誇りで、かっこよくて。

ポジションや曲を新しく入れても飄々とこなしたさきぽんもあんにゃも、支えたK2ももちろんみんなすっごくかっこよくて、15人じゃダメ、16人でやるって想いの強さ、劇場公演への気持ちの強さに涙が止まらなかった。showroomがなかったらこんなに切羽詰まった状況だったってそこまで臨場感はなかっただろうし、今までのスクランブル公演にもこんなドラマが毎回生まれていたんだろうし、それを表に出さずにこなすSKEがプロアイドルすぎて大好き以外の感情を失った1日だった。

 

同期の中ではスクランブル公演もアンダーもトップクラスの活躍をして、研究生としての仕事を最大限にこなしてるなるぴー。

 

しかし、次の昇格の最有力候補だね、なんて盛り上がってた矢先の昇格発表、彼女の名前は呼ばれなかった。

 

その場に居合わせたわけじゃなくて、TLで把握したから本当に初めは理解できなくて、信じられなかった。運営何考えてるの、あの子の2週間前の頑張りも、その前までも見てなかったの?ってモンペが発動して、悲しみも怒りも疑問も抱えて、また枕を濡らした夜を過ごした。

 

握手が売れてないから、なんて言い分があるのも理解していたし、自分が忙しくてバイトもしていなくて握手になかなかいけてないのも引け目に感じてたし、もっと出来たことはないのかなって、同期で研究生に残されたのは4人になっちゃって、絶望して辞めたらどうしようなんて考えて、死んでる数日を過ごした。

 

http://www2.ske48.co.jp/blog/detail/id:20161122000717740

 

そんな中、片岡なるちゃんの毎日が更新された。このブログは本当にすごかった。

前の昇格とは違って悔しいと思えた自分の気持ち、ステージ上で駆け寄ってくれた先輩もそうでない先輩にもすごく感謝しているし、同期とのわだかまりもない、と周りにまで配慮して、最後には明るい話題で締めて。

何より「私はこんなことで折れる人間ではないし、頑張って!と言われないと頑張れない人間ではありません」の言葉。

推しなのに、私はなるぴーのことを過小評価してたのかな、とも思わせてくれるくらいの頼もしい言葉だったし、辞めちゃったらどうしようなんて一瞬でも考えた私を優しく咎めてくれたようにも思えて、すっごくかっこよくて尊敬した。そんな簡単な言葉では言い表せないんだけど、、本当に1年でここまで成長したなるぴーがかっこいいし最高だし、まだまだこれからだってファンに思わせてくれた。

 

http://ske48matome.net/archives/49537095.html

 

再度のスクランブルも経て、たくさんの先輩から褒められて、自分のことのように嬉しくて。褒められてるのはなるぴーなんだけど。

黙々と練習をして、とか、鉄人だ、とか。私が好きになった時のカラオケルームでglorydaysを歌っていたなるぴーより何倍も大きくなって、かっこよくなって。近くで見ている先輩からここまで言われるのはすっごく立派なことだと思うし、K2ってチームにはやっぱり特別な感情もあるんじゃないかな…なんて思ったりもする。

公演後のブログにも、楽しかった!なんて無邪気に書いてくれて、自分の大変さを全く見せなくて。すっごく大変なことだって周りは言っているしみんな知っているのに、自分からは何も言わなくて、黙々と仕事をこなす仕事人のなるぴーもまた一つ好きになった。

 

3月に入り、全チームのアンダーを務めるようになってスケジュールがすっごくパンパンになったね。


2/20 E公演
2/22 KⅡ公演(後半から)
2/23 研究生公演
2/24 研究生公演
2/25 KⅡ公演(昼夜)
2/27 E公演(当日招集)
3/1  E公演
3/2  S公演
3/4 研究生公演(昼夜)
3/5 研究生公演(昼夜)
3/6 E公演
3/7 KⅡ公演

 

ほとんど毎日の公演に、私は身体の方を心配した。SKEらしい運動量が大きい公演たち。良くも悪くも全力で取り組みすぎるが故に怪我で卒業をしていったり、思うように活動を出来ないメンバーも今までにたくさん見てきたからだ。

本当にこれからも身体だけは第1で活動していってほしいなぁ、気をつけてねなるぴー( ; ; )

 

研究生公演が青春ガールズに変わると発表されたのもこの時期だった。

それを受けてのなるぴーのブログには、不安でいっぱいだとか、(欠員は)研究生で埋める、とか熱い決意が語られていて。

私は、公演を何よりも大切にするこの子がすっごく好きだ。

昇格発表のあとのブログで語っていた最強研究生を作りたい、という言葉も、一緒に最強研究生を作りたいって言ってくれた子がいたんですって嬉しく報告してくれた可愛いなるぴーも全部私が好きなSKEを体現してくれてる気がしてしまう。

自分の2回目の生誕祭でも、party公演に来てください、なんていつも自分が主役のときでも考えるのは周りのことで。そんななるぴーが本当に大好きで仕方なくて。

公演を変えたからって最強研究生に必ずしも近づくわけではない、と相変わらず自分には厳しいなるぴーだけど、周りはみんな凄さにとっくに気づいてるしもうちょっと肩の荷を下ろしても大丈夫だよ、って声もかけたくなるけど、私が追いつかないほどのスピードでなるぴーは一回りもふた回りも大きくなっていく。

ほののと和田ちゃん、ゆうかたんもおーちゃんも、とにかく同期にすごく支えられてるんだろうなぁともおもいます😌

 

きっと私はなるぴーに無意識にSKEの1番好きなところとを重ねてて、SKEの未来を作っていって欲しくて、何より彼女の夢を叶えて欲しくてたまらないんだと思う。

推しの背中を追いかけてグループに入って、入ってからも鉄人、と呼ばれる所まで同じで。

時々冷たい目をするところも、ステージを降りると可愛い可愛い14歳なところも、showroomは大体地声なところも、公演だけじゃなくて全部が片岡成美ちゃんだし丸ごと大好きだ。

 

感謝すべきことにも感謝

嫌なことにも感謝

未来にも感謝

 

必ずブログの最後に載せているこの三文になるぴーの人柄が全て詰まってると思う。

 

私はなるぴーがもっともっと前で踊るのも、PVでソロで抜かれるのも、雑誌に載るのも見たい欲張りなオタクだからこれからもずっとずっと応援してるね。いつも道しるべになってくれて、私のモチベーションでいてくれてありがとう。

 

もっともっと一緒に大きくなろうね!!!

なるぴーの笑顔がこれからもずっと見られますように!、大好きだよ!!!

f:id:daichan415:20170528234405j:image

 

SKE48と私

私はここまでグループとして、箱として応援したいと思ったグループはSKE以外にまだ出会ってないし、これからも出会うかって言われたら分からない位SKE48が大好きだ。ジャニーズも好きだけど、そういう好きじゃなくて、上手く言葉にできない好きなの! 

 

http://daichan415.hatenablog.com/entry/2016/12/02/222933

 

SKEを知ったのは、丁度AKBがポニシュシュを出してガツンと売れ始めた頃。珠理奈と玲奈ちゃんしか知らなかった私は当時夕方に放送されていた「週間AKB」を見て矢神久美ちゃんを知った。おバカじゃん…って当時小学生の私に思わせたくーみんは、後に私をSKEに引きずり込んでくれることになった。

それからはずっと同じくおバカだったあきちゃこと高城亜樹ちゃんをゆるっと応援してて(完全な在宅)、2012年のheyheyhey夏の歌祭り的な特番でSKEを見かけて私は衝撃を受けた。

 

めちゃめちゃ踊るじゃん!!!!

超全力じゃん!!

 

好き!!!!

 

ジャニーズにおいても踊れる子を好きになる傾向にあるんだけど、絶対その原点。ありがとうHEY3( ; ; )

 

そこでSKEが披露してたのは、アイシテラブル。けどフロントを中心とした選抜の半分くらいしか知らない私は、くーみんとゆりあちゃん可愛い…くーゆり…Ohサングラスガール…冷やかす…なんてくーみんを中心に見ていた。

そこで大サビの「太陽以上に」で1人、すっごく笑顔で大きく踊る女の子が映されたのだ。

 

恋に落ちた

 

可愛い!!!女の子は笑顔が1番可愛い!!!ダンスが全力!!!

こんなにワンカットで人を好きになったのがとにかく初めてだった。珠理奈推しの友達にガラケーでテレビを撮って送った。この子誰!!

 

「あかりんだよ〜釣り師って言われてる子」

 

あかりん!!!!中学に上がって買ってもらったばっかりのノートパソコンですぐ調べた。やっぱりこの子だ。スタイルが良くてすっごく可愛くて独特すぎる踊り。全部がすっごく魅力的に映った。

 

あきちゃがジャカルタに移籍することになって、本格的にSKEを応援し始めた。知れば知るほど沼が深くて、きっとあかりんがSKEじゃなかったらここまでは絶対にハマってなかったと思う。AKBを好きだった頃とは違う熱量で応援するのがすっごく楽しかった。

何よりこの頃のSKEはまさに全盛期とも言われていた時期で(その言い方はあまり好きではないけど)その年の総選挙のアンダーガールズの半分がSKE、など選挙のSKEをたらしめた。

 

チョコの奴隷の全国握手会で、私は在宅を卒業した。初めてSKEの生のパフォーマンスを見にライブで見て鳥肌が立ったし涙が止まらなかった。そう、SKEの入り口の矢神久美ちゃんら9人が一斉卒業するタイミングだった。

もっと早く現場に行ってればって後悔もたくさんあったし、そこからも毎年のように重なる卒業もすっごく辛かったけど、その度に残されたメンバーから感じる心意気がすっごく頼もしいSKEは私にいつも元気を与えてくれる。

 

SKEは私にたくさんのことを教えてくれてる!私のアイドルの入り口はHey!Say!JUMPだけど、オタクとしての在り方、好きなアイドル像を考えさせてくれたのは今も昔もSKE!

 

・出来ることをやる!

SKEは選挙、投票系がとにかく強い!雑誌のアンケートにしろ選挙活動にしろ、お金なくても出来ることは率先して取り組むべき!結構結果に繋がる!

 

・アイドルは偉い!

思った以上にメンバーは偉い!普通にまじですごい!スクランブル出演をこなしまくってる現中3の推しを見てると大人すぎる考え方も全部が愛しいし尊敬できるしなんかもうアイドルってすっごく大変で厳しいのに見せる姿は最高にかっこいい!

 

ダンスが大きい子が好き!

SKEの魅力はダントツで劇場公演のパフォーマンスだと思ってる!スキルも大事かも知れないけどどれだけ揃ってるかとか手を抜かずに踊ってるかに注目するようになった、SKEは全員が全員全力でぴったり揃えてくるし自分たちの公演が強みだってわかってるところがすごい好き!!JUMPも冷め期を救ってくれたのはダンスだよ〜!個々の技術より全体のバランス!この考え方はSKEオタだと思う!主観!

 

大切なことはSKEが全部教えてくれた!

 

前に誰かが雑誌で「野球チームみたいに、どの世代からもずっと愛されるグループに」的なこと言ってて1番好きな言葉だし理想だと思った、

ひいきの野球チームから誰かが移籍になってもそのチームのファンが応援するチームを変えるってことはなかなかないもんね。

私はSKEの〇〇が好きだから、本当にこの発言の気持ちが痛いほどわかるしそんなグループになってほしいよ、箱で推したい( ; ; )

 

あ〜〜SKE大好き!!!絶対にもう一回ナゴドに立とうな!!!もっと大きくなろうね!!私は片岡成美ちゃんにその景色を見せたい!!!!!泣きそう!!!!SKEは最高で最強だよ!!!

ジャニーズJr.が好きになった

 

ジャニーズJr.にハマってから3ヶ月が経った。本当にびっくりする位ズドン(©︎sixtones)と落ちてまだ戸惑ってる。

3ヶ月前に岸優太くんを好きになって、ガムシャラ、JJL、真夜プリ、沢山のテレビ番組を漁って必然的に岸くんの周りのJr.も知ることになって視野がとっても広がった。

9年間JUMP以外をほぼ見てこなかった私にJr.の世界はすっごく新鮮で楽しくて、けど厳しすぎる世界だとも知った。

岸くんを好きになってすぐに知った髙橋颯くん。セクゾのバックについてヘッドスピンしてる子って聞いてすぐに思い出せた、この子だったんだって知れた、Jr.ってすごいんだなぁって思えた。

だけど颯くんは今年の春にJr.ではなくなった。私は颯くんの最後の3ヶ月しか知らなかったけれど、それでもすっごく好きになったんだからみんなからすっごく愛されてたんだと思う。ファンレターで退所を伝えてくれた颯くん。Jr.に興味を持った私をもっと引き込んでくれてありがとう。

 

デビュー組担しか経験のない私は、Jr.担のイメージがメンタルがやられそう、ただそれだけだった。当時は10年を迎える応援しているグループの現状に満足していたし、Jr.に手を出そうともしていなかった私だったけどいとも軽率に岸くんを好きになってしまった。

 

なんでこんなに完璧な子たちがデビューできないんだろう!!!

 

アイドルグループが好きな私は、どんなに個人が好きでもグループ全体に魅力を感じなければそこまで熱が入ることもないけれど、Princeは違った。

 

すっごく素敵

 

Princeはいいぞ、、、本当にタイプの違う3人の王子なんだこれが、、、全員めちゃめちゃにかっこいいしめちゃめちゃに仲がいいしめちゃめちゃに意識が高い(大切)。3通りのコンビ全てに魅力もあって歌えるし踊れるし強い。なんてったって冠番組を持ってるのがでかすぎる。真夜プリで回をおうごとに成長が目に見えてわかる3人を見てるのがすっごく楽しい。

 

Jr.祭りで一生アイドル宣言を掲げてくれた3人。初めて生で見た時もすっごくキラキラしてて理想のアイドルだった。

 

そんな私に追い討ちをかけるように出たラジオ番組での匂わせ問題。自分の彼女の曲を仕事場で何年も流し続ける神経はこれからも私は理解しきれないと思う。何より今まで暖かくラジオを盛り上げてたファンを嘲笑われたような気がしてすっごく悲しかった。ありおかくんも一緒にやってきた2人の大切なお仕事。

見て見ぬ振りをしていたのかな、もうあれからリアルタイムでこのラジオを聴くことはなくなったし、がっかりしてしまった。

 

こんなことがあって、一つ一つのスキルを磨いて全部のお仕事にまっすぐ取り組んでくれる岸くんがデビューできない理由がますます分からなくなった。Jr.って難しい。

 

祭りのオーラスで何か発表があるだろうってざわつく界隈の中に私はいた。

そこで突然入ってくるシブヤノオトへの出演決定。湧いた。死ぬほど湧いた。

Mr.KINGとPrince名義だった。放送日はオーラスの後の日曜日。やっぱり何かあるんだって思った。けど直後のduetの表紙の早売りがKING単独だと知って私はまた取り乱した。なんだよこれ!!

そんな中オーラスでは何も発表はなく、まだJr.のPrinceの岸くんが見れるんだってホッとする気持ちと、いい加減動かないと…って焦りと、沢山の感情だらけになった。

そして決まった東京B少年のMステ単独出演(笑)嘘だろ、、、まじかよ、、、

発表の当日、オタクとご飯を食べる用事があったので泣いた。慰めあった。

(しかし私はちゃっかり祭り前に浮所飛貴くんに推し増ししていたその話はまた後日)

B少年の後ろにはHiHiJetがいた。バックにハイハイを従えてHiHiJetを歌っていた。ハイハイに自担はいないのに涙が止まらなかった。

その後に回ってきたレポには、放送直前に3人がB少年の背中に喝を入れていた、と書いてあった。また泣いた。バク転を綺麗に決める瑞稀も、はしもっちゃんもゆうぴーも気迫が違った。すっごくかっこよかった。

 

やっぱりJr.担はメンタルがやられる。

 

けど、すっごく楽しい。シブヤノオトでワイプに抜かれるのを一つ一つキャプチャしたり、Mステで大騒ぎする5人を見守る那須雄登くんをキャプチャしたり、Mステのバックに祭りで見かけたあの子を見つけたり、すっごく楽しい。

 

Prince担、投票強いところもアンケこまめなところもとっても大好き( ; ; )ステマ万歳( ; ; )絶対3人一緒にデビューしようね( ; ; )

 

岸くんがきっかけでPrinceはもちろんしょうくんもあらんちゃんも安井くんもB少年も大好きになった。MATCHだって見つけたら買っちゃうし、浮所くんは担当って呼びたいくらい魅力を感じてる。というかもはや呼んでる。

 

けどこれがPrinceのデビューを遠ざける行為になっちゃうんじゃないかってすごく怖い。

グループがありすぎてJr.だってたまに忘れそうになっちゃうくらいお仕事も充実してるけど、それぞれライバルなんだなってふとした時に気づいちゃう。怖い。Jr.担難しいよ!!!

 

とりあえずPrinceにお仕事!岸くんに演技仕事!EX当選祈願!!!!

 

#とあるジャニオタの一日(17)

 

#とあるジャニオタの一日

このタグ、昔から好きでよく目にしていたのだが私もついに参加してみることにした。

今年から受験生になる自分の生活を見直したい!!本当にヤバいのです。

後戻りできないようにきちんと決意表明をいつかブログでしてみたいと思います。

 

 

5:30 起床

人と比べたら少し早いのかな。小学生の頃から朝型が体に染み付いているので普通に慣れてしまった。けどその分夜ふかしは大の苦手だ。

 

6:30〜7:30 通学(オタクタイム)

電車の中では完全にオタクである。早寝なので夜中自分が寝ている間のTLをざっと見る。いたジャンやリトラは平日だしリアタイするのはもう不可能なのでここで大体の放送内容を把握する。あとはお兄ちゃん、ガチャを再生する。これはルーティーンである。因みに朝早くて通学路も誰もいないのでガンガン動画を見ながら歩いている。坂道、FtGを聞きながら歩くと全く疲れないのでおすすめである。

 

7:30〜8:45 勉強

始業までは学校にある自習室か教室で勉強する。けどたまにTLに重要案件がぶち込まれてるとそれどころじゃない。必死で情報を追う。大体この時間は宿題や予習をぱぱっと片付ける。

 

8:45〜18:00 学校&部活

ツイ廃なので休み時間に逐一Twitterを確認してしまう習性がある。なんなら授業中も見ている。本当に15分に一回はTwitter開くのやめた方がいい、私。

 

18:00〜19:30 塾

塾ではがっつり授業に集中する。ちなみに週4である。基本は1時間半だが、3時間や4.5時間の曜日もある。

 

19:30〜21:00 自習

少クラの日以外は。もうその日は少クラのこと以外考えられないので直帰する。オタク事が無い日は極力残って自習するように心がけている。

 

21:30 帰宅 お風呂

お風呂の中にスマホを持ち込み、外では通信制限を恐れ見れなかった動画をポチポチ見る。

 

22:00〜 スーパーオタクタイム

ブログ書いたりファンレター書いたりアンケート書いたり録画見たり、基本家では全く勉強しないので何もしてない。オタクしかしていない。jr.に関してはド新規なのでガムシャラをたまに見ている(何をどう探してもアイドルワードぶっこみ王の回だけ出てこないのがすごく辛い)

あとはPrinceがどうやったら売れるかを1日に一回は真剣に考えてる(まじ)

 

23:00 おやすみ

夜ふかしは出来ないのでどんなに遅くても日付が変わる前には寝る。真夜プリは休日だから時たまリアタイできるけどなかなか厳しい(;;)

 

 

こんな感じかな…!

受験生なのにSNSもオタクも全く辞められていないのが不安で仕方ないけど両立できるように頑張りたい。浪人は嫌だ!心置き無くオタクできるまであと一年空いちゃうのは辛いものがあるよ。受験頑張ろ…

 

は!運動会!安定の落選でしたけど楽しい運動会になりますように(;;)f:id:daichan415:20170416103336j:image

有岡大貴くんお誕生日おめでとう!

 

f:id:daichan415:20170415110012j:image

 

有岡大貴くん、26歳の誕生日おめでとうございます!

自担として一番初めに名前の上がる人。
ありおかくんはずっと私の特別な存在です!
2008年から山田くんのファンになって8年目の去年、初めて担降りという言葉が頭をよぎりました。
決して山田くんの魅力が感じられなくなったとか、そんなことじゃなくて、ありおかくんが気になりすぎちゃっただけです。
DEAR.夏横アリでは山田くんの団扇を持って、赤いグッズを身につけて行ったのですが帰り道には有岡担になる決心ができていました。

ありおかくんのどこが好きなんだろうって考えてみた時に、見た目ももちろんカッコいいし好きなんだけど、それよりもずっとずっと振る舞いが大好きなんだなぁと思いました。

 

DVDや歌番組ではどこを切り取っても上手なダンス、手を抜いてないパフォーマンスを見せてくれて、バラエティーでも食レポにしろロケにしろ、等身大のありおかくんを見せてくれて!
何より私が一番好きなありおかくんのお仕事はラジオです。ラジオ、本当にありおかくんの優しさを毎回感じることが出来るし話の回し方も、声もすっごくすっごく大好きです。
ありおかくんの声について、twitterで流行った今年のソロパート大賞の締切までに決めきれなかったので私的TOP3をここで発表させていただきます。

3位 裏腹な言葉だけを見透かして絡んだ紐運命を解いていく〜 (Tasty U)
うらはの「は」!!!ありおかくんの掠れてる高音がすっごく綺麗です。

2位 はにかんだ適当(Traffic jam)
これめちゃめちゃ好きな有岡担多いと思う…ソロパートだから入れてないけどありたかユニゾンも全部全部トラジャ素晴らしすぎて大好きです。

1位 連れ出そうか星の夜空へ(Never Let You Go)
ありちねメインのNLYG!ラップのありおかくんもすごくありおかくんらしくて好きなのですが、星の夜空えぇ〜のえぇ〜がめちゃめちゃ好きで文句無しの第一位です。

おわかりの通り全てセトリ落ち!TastyUもフルじゃないから聞けてない!来年に期待してます(;;)

 

ありおかくんは可愛いって言われることが多いけど、すっごくかっこいいです。今年は映画の公開も控えてるしかっこいいありおかくんがもっとみたい!演技のお仕事ももっと貰えますように!

 

好きな写真を詰め込んで画像を作ろうとしたんだけど、27時間テレビキスブサにDEAR.に、たくさんありすぎて選べなくて、謎のメイキングキャプ選んじゃって、思った以上にありおかくんのことが好きなんだなぁと思いました。

 

 

おめでとうありおかくん!いつもありがとう!好きでいてよかった!ナイス26歳を!よいこの日万歳!!!Hey!Say!JUMP最高!!!!

ありがとうHey! Say! JUMP

今日は有岡担のお友達とデュアルモニタールームでわっふぉいしてきた。とっても楽しかった。DVDを沢山見た。時系列順に見たから、たっくさん思うところがあった。

 

TO THE TOPを、京セラを駆け回りながら歌う10人を見て胸がぎゅっと締め付けられた。

今のJr.よりも薄いかもしれない、無地の2色を重ねた衣装を着て全力で走る10人。

 

We go to the top めざして To the top 一緒に
君の想い 抱いて いま羽ばたく To the top

思い通りに行かなくて ひとりふさぎ込む夜の中で
折れそうな心 支えてくれてた 君の笑顔 君のその声に

そうさ 逢いたいと願うそのたびに 踏み出せた一歩 ここまで来た
完璧じゃなくても 今のこの僕に 出来るすべて 君に贈りたい

輝いてる その瞳が ずっとそのままでいて欲しいから
Keep on singin' now! 歌ってる Shakin' now! 踊ってる
心から ありがとう!

We go to the top めざして To the top 一緒に
翼をひろげて 高く どこまでも
Do my best 必ず Take a chance 信じて
君の想い 抱いて いま羽ばたく To the top

夢へと 向かって 僕たちは これからも
大空 翔けてゆく Let's fly away!

We go to the top めざして To the top 一緒に
君の想い 抱いて いま羽ばたく To the top

To the top めざして To the top 一緒に
壁を突き抜けて 遠く どこまでも
Do my best 必ず Take a chance 感じて
絆 胸に刻み いま羽ばたく To the top

絆 胸に刻み いま羽ばたく To the top

 

埋まらなかった東京ドーム、スタトロ最前の定価割れ、10年目を迎える今は順風満帆なHey! Say! JUMPに見えるかもしれないけども全くそんなことはなくて。

 

今年の年末年始コンサートでは、史上初東京ドーム1日2公演も成し遂げて、全3公演で高倍率を記録した。明るい東京ドームはそれはもちろんコンサートでは私達しか見たことのない景色だったし、メンバーもそうだった。

 

輝いてる その瞳が ずっとそのままでいて欲しいから
Keep on singin' now! 歌ってる Shakin' now! 踊ってる
心から ありがとう!
We go to the top めざして To the top 一緒に
翼をひろげて 高く どこまでも
Do my best 必ず Take a chance 信じて

絆胸に抱き 今羽ばたく TO THE TOP

 

デビューから3年経ったHey! Say! JUMPがすっごく楽しそうに歌ってて。

年末年始コンの最後にエースが出した手書きのお手紙にも、この歌詞とリンクするような内容が記されていて、ああJUMPの底は何も変わってないんだ、ってすっごく嬉しくなりました。

 

TOPに向かって10年目、TOPをOVERしちゃった新曲が発売されました。きっとOVERしていくって意味だと思う。今もきっと変わらない志を持ってるHey! Say! JUMPがずっと大好きです。重い。

 

懐古厨じゃないし、9人の今と10人のは比べるものでもないと思うけど、10人でTO THE TOPを歌ったあの時、DVD化しないツアーの方が多かったあの時を乗り越えた経験があるから今があるのは絶対に忘れたくない、

 

バラエティーはいつまで経っても箱庭の中で大事に大事に育てられすぎて面白くない時もあるし、仲良し過ぎてテレビの企画も成り立たないし、PVで振り間違えるし(少し根に持ってる)決して決してまだ完璧とは言えないグループだけどずっとずっと大好きだよ。

 

10年目もよろしくお願いします(;_;)