前のめりに夢見る

Princeとありおかくんが好きです

自担が学校に来た!!

って妄想は、1度はジャニオタが通る道だと思う。しかし私は、1度2度どころではなく小学4年生で本格的にオタクを始めて以来、きっとほぼ毎日考えてしまうのだ。中学に上がっても、高校にあがっても変わることは無かった。集会の前にはモニタリングが来たら、24時間テレビが来てたらと考えてしまうし、授業への集中力が切れた矢先には今から彼らの声で『体育館に集まって』放送がかからないかな、なんて毎日考えているお花畑である。

 

私がほぼ毎日している想像を文字起こししたいという完全に願望ダダ漏れ内容です。

ちなみに設定は授業中です。登場タレントは今までずっとJUMPだったのですが様々な点を考慮して最近はprinceで考えることが多いです(様々な点は後述)

 

まだ20分しか授業してないじゃん…何回見ても進まない時計。だらける私。いつもみたいにノートの端っこにセトリを考えていると、急に放送が鳴る。チャイムがないやつ。いきなり声が掛かるやつ。

 

『みなさんこんにちは!』

 

え???この声岸くんじゃない??一瞬前まで思いを馳せていた相手の声が学校のスピーカーから聞こえて椅子から転げ落ちる私。

「これ岸くん!!!岸くん!!!」突然の椅子から落下した私や謎の放送にザワつくクラスメイトに私は訴える。(岸くんに落ちかけ始めた時から逐一クラスの女子には報告していたのでオタバレは完全にひどい)

 

『授業中の所申し訳ないのですが、緊急の集会があるので至急体育館に集まってください』

 

いわちやん……(もうこの時点で涙目)

腰の重いクラスメイトを横目にとりあえず駆け足で階段に向かう。階段で理系ジャニオタと後輩ジャニオタに出会う。「今の絶対princeだよね?」「まってまってまって」「やばいなにこれ」「むりむりむり」「とりあえず行かなきゃだよ」なんて会話が繰り広げられるのが容易に想像できる。そう、私達は語彙力がない。

 

体育館に着くとそれなりにたくさんの人。けど壇上に誰がいるわけでもなく、集会の訳に気づいてる人はほとんどいない。

(ここが大事なところ。気づいてるのはオタクだけ。小中まではここにHey! Say! JUMPを抜擢していたがきっと今伊野尾が放送をかけたらみんな気づく。('A`)「どうも〜」とか言って。)

 

ようやく全員集まってきて、集会ということなのでHR委員がいつも通り出席番号に並ばす。私は渋々後ろへ下がる。ジャニオタとはここではぐれる。

 

そしていよいよ先生が壇上にたち、こう言葉を放つのだ。『今日は大事なお話があります、きちんと聞きましょう』

 

私のテンションはもうダダ上がりである。だってあの声なんてなかなかいないしもう本人だ。princeが学校に来ている。なんだこの世界。

 

『どうも〜〜〜!!』

 

来た。一瞬の静寂のあとザワつく体育館。誰…?小さな声が少し聞こえる中私ここで崩れ落ちる。ここでクラスの気が利く女の子たちが、『ほんとだ!!!りおちゃん前行きなよ!』と腰が抜けた私を前に誘導してくれる。同じように他クラスでも前に誘導されたジャニオタ達と合流する。みんな目が真っ赤。胸が詰まって言葉が出ない。

 

『僕たちはジャニーズJr.の、Princeです!』

 

本当にPrinceが学校に来たで…感極まる最前列のオタク。絶対知らないであろうに盛り上がる男子達。

先生に一旦座るように促され座る私達。神宮寺くんから1人ずつ自己紹介をしてくれる。

 

いわち『僕達のこと知ってますか?』

 

『知ってる〜〜〜!!!』

 

突然同じ列のジャニオタが大声で叫んだ。いわち〜!!と言って手を振る。手を振り返すいわち。もう戦場である。ここはライブ会場なのだ。ここからオタクのヒートアップが止まらない。

 

岸くんも話してくれるのだが、内容は何も頭の中に入ってこない。顔がめちゃめちゃかっこいいよ…本当に頭がクソ小さいんだな…とか今のちょっとウケてたよ…とかそんなレベルだった。

 

ここで神宮寺くんが突然の歌振り。FtGのイントロが流れ出す。ゴリッゴリである。体育館がNHKホールに化した。番協??当選??

高校生相手にも気を抜かない神宮寺くんの「ヴェッヴェッヴェッ」も、きしいわのダンスも最高である。岸くんのフェイクももちろん生で披露してくれた。感涙。

そして次に流れるプリプリのイントロ。ちびジュはいないけどやっぱりここは少クラ収録だったみたいだ。だって横1列みんな振り入ってるんだもん……サビ完璧に踊れてるもん………。

 

気がついたら教室に戻ってきていた。当たり前のように4限が終わり、お弁当をみんなが食べている。さっきまでは夢だったんじゃないかって疑いたくなるのに手の感触が夢ではなかったことを教えてくれる。(ハイタッチお見送り済)

クラスの女の子が口を開く。『最後の曲で真ん中だった人が一番かっこよかった!髪が短い人!』『それが岸くんだから!!』『ええ〜、私一番小さい人が好きかも』『わかる!』『でもジャニーズってやっぱみんなかっこいいんだね』なんて会話が繰り広げられるのだ。男子の中でも『なんかお前に似てるやついなかった?イケメン』『神宮寺でしょ?(笑)この前アイツ(私)にたまたま言われたわ(笑)』うちのクラスにいる学年1のイケメン(私調べ)はめちゃめちゃ神宮寺勇太に雰囲気が似てるのだ。身長も同じらしい。国彼である。もっと誇りに思ってほしい。まぁみんなPrinceにデレッデレになるのだ。

 

正直Princeが何のために学校に来たのかわからない。来て放送して自己紹介して2曲歌ってハイタッチして帰っていった。ただ私達に大きすぎる幸せを与えて帰っていったのだ。

 

これが私のオタク人生の集大成『どうしよう!学校に自担がやってきた!』の概要である。

私が通っているのは実際来るはずもないしオファーが来ても断るようなそんな学校である。けど、卒業式当日までこの妄想はやめられないんだろうなぁ…。(卒業式当日に「もしJUMPが祝いに来たらどうする!」とか言ってるのが安易に想像できる)

 

JUMPバージョンだと完全に27時間テレビの再現みたいになる。各校1-2人のメンバーが回るってやつ。もちろん私の高校に来るのは有岡くんである。集会の後とか授業見学に来てすぐ男子と打ち解けてほしい。『何この記号!?コス?え、コサインって読むの!?』って言ってほしい。クラスの女の子たちに耳打ちで『有岡くんって面白くてかっこいいんだね』と言われたい。でしょ!?!?って言いたい。有岡くんは絶対クラスの女子を有岡担に落として帰っていくと思う。

 

これを記事に起こそうと思った直接のきっかけは、今日たまたまKINGの夏休みのトキワ松学園ダンス特訓を見たからだ。あの中にオタクいるんだろうなぁ…幸せだろうなぁ…

 

この妄想はジャニオタあるあるだと自分で思い込んでいます。たのしい。るんるーん。

 

岸優太 始めてみたら 超楽しい

岸優太にどハマりして1ヶ月が経とうとしている。

 

毎日超たのしいんだけど!!!人生しあわせ!!!!

 

好きになったらもっと知りたいと思うのは当たり前のことで、少クラからジュニラン、ガムシャラ、真夜プリ…文明の機器を使って日々追いかけている。岸くんを。JUMPのバックにも結構ついてたり、今までの雑誌を読み返したり…。今までの雑誌!!!!!

 

これが思った以上にやばい。雑誌捨てないでよかった。今まで、本当にJUMPのページ以外はサラッと読み飛ばして、ましてやテキスト部分なんて全く読んだことがないレベルだった。

 

もう毎号のPrince、セクボ時代、全部可愛くてかっこよくて読み返すのが本当に楽しい。

まさに一石二鳥。お金倍払ってもいいレベル。

 

一番感銘を受けた雑誌がMYOJO冬ライブ号である。(わりと直近)もちろんJUMP目当てで買ったのだが、ジャニフワ、ジャニアイまでがっつり特集されてた。知らなかった。

 

f:id:daichan415:20170305165240j:image

 

f:id:daichan415:20170305165319j:image

盛大なネタバレは避けとくが、私が大好きなここらへんの岸くんが全部この雑誌に載ってた。素晴らしい。リハ風景も本番のレポもテキストも、楽屋紹介まで!!!びっくりした。

メンバーが撮る特集の「Photo by 神宮寺」率には笑った。彼女の写真いっぱい撮ってあげるんだろうな…って国民的彼氏に思いを馳せた。

 

あと雑誌のアンケートを出すようになった。jr.は人気の指針が大事だろうなと思ったから。jr.大賞だって、ヤラセどうこうしゃなくて、毎年盛り上がるのはそういう人気投票の場でもある訳で。雑誌の公式アカウントで呟かれる撮影裏話のエピソードのRT数も大事にしていこうってprinceのファンを見た時に胸がすっごく熱くなった、こういう熱いファンの界隈めちゃめちゃ好きだ……!!!ってなった。ex)SKE48

 

担降りとか考えると胸が苦しいから今は何も考えてない。私にとっての担当って何?って話にまでなっちゃうから、何も考えない。2人とも大好きだし何なら重岡くんも大好きだしHey! Say! JUMPみんな大好きだしprinceもみんなめちゃめちゃ好き。まだそれでいい!!!

 

あとJUMP!!!去年の発売日過ぎてまだDVD何も告知ないってどういうこっちゃ!!!ツアー何もないってどういうこっちゃ!!!Princeに貢ぐぞ!!!現場が欲しいよ!!!ありおかくんに会いたい!!!はよ!!!!

 

あとJr.のカレンダーって予約してなかったらもう手に入らないんですかね…(JUMPしかしてない)まだ諦められなくて…

岸優太くんにハマるまで

こんなに短期間で1人のアイドルにのめり込む経験が今まで全くなかった。から客観的に見たらちょっと面白くなってきたのだ。から記憶の限り鮮明に記録しておく。

 

2012年

岸優太の存在を確認、理解する。理由は友達の友達にガチな岸担がいた為。ちなみにこの時期に同時に紫耀くん、いわげん、じんぐなど今で言うキンプリらへんの存在も把握。けど顔と名前が一致するのは岸くんと紫耀くんのみ。いわげんなんて、「おなかいわはし」だけ知っていた。

 

2016年

黒崎くんの言いなりになんてならない、を見に行く。お目当ては中島ケンティー。しかし、上映後の私は「梶くんかっこよかった!!」の一点張りだった(らしい)。

 

2017年

大人のジャニーズ大賞読んでて思ったんたけど私岸くんが好きかもしれない…順位読み進めるごとに「岸くんはまだ出ないのかな…??」って思ってる自分がいた

2017.1.26

お、おう…前垢のツイートで見つけた。この時のきっかけは特にない。ちなみにこの時、私はJr.(東京)はストンズとキンプリ、HIHIJet以外はほぼほぼ知らない。まぁ1ヶ月立たないうちにLove-tuneからトラジャまでどんどん覚えてくんだけどな!

 

 

2週間弱経った2月11日。土曜日だ。この5人を見て察してほしい。リア恋枠大好きだ。これはバリバリの伏線。この後私は怒涛の胸きゅんスカッと、近キョリ恋愛、お兄ちゃんガチャとかいうクラスメイト、幼なじみ、お兄ちゃんの3大リア恋役を好演してくれた岸キュンに出会うのだから。

 

この2日後くらいに、胸きゅんスカッとをたまたまYouTubeで見かけて再生する。

 

え、これやばくない??私が有岡くんにやって欲しいやつじゃない??

 

ド定番な学園恋愛、好きな子にちょっかいを出しまくる役を岸くんは好演してくれたのだ。

人生で1番胸を打たれた胸きゅんスカッと。

てかそもそもこの役めちゃめちゃ岸くんじゃん…リア恋かよ…とか思っていた。

そして何気なく関連動画にあった「お兄ちゃん、ガチャ」を再生する。

 

岸くん、ダンス上手くない???てか白制服って何????

 

有岡くんの好きなところの1つ(というかきっと私がタレントを好きになる条件の一つ)にダンスは絶対に挙げられる。

ダンスが上手い子、まじで気になって仕方が無い。そんな私に岸くんはびびびっと来てしまった。めちゃめちゃかっこいい。体幹がっしりしてるし、大きく踊るダンスも好きだ。

有岡くんのように音ハメや細かい振りを得意にするダンスとはまた違った、jr.ならではなのかな、のガムシャラなダンスがすっごくよかった。

 

 

歌詞やメロディーに謎の中毒性があるこの曲。死ぬほど聞いた。電車に乗る度に再生してた。

ここでお兄ちゃんズも松松もちゃんと把握出来た。よかった。

 

 

ここでキンプリハワイ情報が流れる。

友達に「岸くんがいない日本なんて日本じゃない」と話す私。なかなか溺れてる。

 

 

そして近キョリ恋愛を見始めるのだ。

 

 

 

 

 

 

そう、めちゃめちゃハマった。何この王道ドラマ。幼なじみイケメン2人に好かれる世界。

 

これめちゃめちゃ有岡くんにやって欲しいやつじゃない???(2回目)

 

自担、世界で一番この役やらせたら似合うと思ってる。もう25だけど。

岸くん、似合い度有岡くんに並んできた。(別に有岡くんはこんな役を全くやっていない)

前述のように完全なリアコだから奏多目線でしかこの話を見ていない。

これ絶対奏多ミレイのこと好きなやつやーんって思いながら見るの楽しすぎた、この時は。

 

 

 

 

嘘だと思うかもしれないけど、人生で初めて泣いたドラマだった。

嘘やん、事故オチ??奏多くん死んだんだけど……まじで立ち直れなかった。

ハルカとミレイから愛されて、誰からも好かれるような絶滅危惧種的いいヤツ(;_;)

なんで死んじゃうねん、もう岸くんが死んだんだレベルで激しく泣いてた。辛かった。

 

 

 

そしてそして、

 

もう、ずぶっずぶである。自分でもびっくり。こんなに早く人を好きになることってあるんですね!!!!!大好き!!!!

 

 

 

有岡くんと岸くんをどうしても比較(上下の問題ではない)したくなっちゃう。似てるんだもん。

 

 

謎の私服センスに対する擁護。岸くん、遭遇の対応とか本当にデキジュなことも知りました。

 

 

ここでWゆうたに足を踏み入れる。じんぐ、めちゃめちゃ国民的彼氏じゃん!!!ただのイケメン!!!!!!無理!!!!!

 

 

お兄ちゃん、ガチャをここで最終話まで一気に見た。近キョリ恋愛より、こっちの方が辛かった。何このドラマ、怖すぎ。

初めからお兄ちゃんを平気で取り替えていく梨央ちゃんにも、消去って言葉にも少し怖さを感じていた。

ダンスのやつしか見てなかったからファンタジーだと思ってたら、四葉のお兄ちゃんって分かった時点で涙腺が崩壊した。

もうこれは完全に梨央ちゃん目線で見てた。自分の好きな人(お兄ちゃん)が友達のお兄ちゃんになっちゃうなんて、、無理…

 

 

野島ワールド、闇が深いわ…

 

 

ここで担降り??と色んな人に聞かれたので訂正。好きですが担降りとかじゃないです。そんな簡単にできないよ…私Mygirl???

 

 

ありおかくんと岸くんのことを考えてたら、私的にはこういう結論に至った。

岸くんは調べたらすぐ分かったけどアンチまじで1人もいなかったし、デキジュの大筆頭としてJr.の最前線で活躍してる。

歌もダンスも努力が形になってて、面白くてトークとかも落とすところは落とせるけどパフォになると一気にかっこよくなったり、みんなから愛される位変なキャラがすっごくすっごく魅力的だ。

私はSKEが好きで、須田亜香里推しだった時期があるのだが同じ理由で、theアイドルみたいな子がめちゃめちゃ好きなんだと思う。

何にでも手を抜かないで、スキャンダルなんかなくて、ファンを大切にするようなアイドがすっごくすっごく大好きだし、ずっと応援したくなる。

有岡くんももちろん、大好きなアイドルだが、有岡くんはめっちゃ実生活はチャラくいてほしいし、プロアイドルでいて欲しいんだ。(何を言っているのかそろそろわからない)

有岡くんにスキャンダルが出てもよほどのことがない限り降りないが、岸くんには私の理想が全部詰まってるから少しでも出たら悲しくて仕方がなくなるんだろうなぁ

 

 

 

真夜プリの毎週録画を始め、まいジャニ、ガムシャラ、少クラを漁る旅に出ている。

back fireの岸くん本当にかっこいいなぁ、、

 

という訳で岸くんに落ちた話でした。
 

岸優太くんが好きかもしれない

f:id:daichan415:20170216085804p:imageタイトルの通りである。

正直、今めちゃめちゃハマっている。岸優太くん、はジャニーズJr「Prince」の一員で、jr.の中だったらかなり人気の部類だ。というか、すんげえ人気だ。

 

前からキャラや顔はタイプだった。

 

だってリア恋っぽいじゃん…

 

私、きっとリア恋枠が好きになる傾向があるんだと思う。(聡ちゃんとか聡ちゃんとか自担とか自担とか重岡くんとか重岡くんとか)

 

ある日軽い気持ちでYouTubeの関連動画を開いた時から、運命だったのかもしれない。

 

「岸優太 胸きゅんスカッと①」

 

いやあ、リア恋枠の極みじゃないですか。リア恋枠がリア恋役もらったらこうなるんっすね!!!自担がそんなことなかったのでびっくりっす!!!!!バックハグまでしちゃってねえ。私に与えた岸キュンのインパクト半端なかった。やられた。

 

次に見た動画は、オタクに勧められた

 

お兄ちゃん、ガチャ

 

である。なんだこのドラマは???

ガチャガチャから岸お兄ちゃんが出てくる???そんなことある????どんだけ少女マンガなの????

といいつつも、まだドラマは見ていない。そう、ダンスシーンのみを見たのだ。

宮近くんと2人でセンターで踊る岸くん、めちゃめちゃダンスが上手だったんだよ…

 

私が好きになる絶対条件のひとつがダンス技術だと思う。軽く超えてきた。めっちゃかっこよかった。この時点で岸キュン好き…ってなってる。

 

そして極めつけが

近キョリ恋愛 である。ダメだこりゃ。

こんなことあります???

これ、ずっと私が有岡くんにやってほしいって嘆願してた恋が報われない方の男の子じゃないですか…しんどい…

岸キュンと過ごす学校生活たまらな!!早く岸キュンと付き合え!この!

って思ってたらまさかの死でしたわ。

岸キュン目線でこのドラマ見てたから死ぬほど泣いた。こんなにドラマに泣いたのは初めてだ。まじで。でも親に「なんのドラマでこんな泣いたの?」と聞かれて「近キョリ恋愛」とは言えなかった…私、そこらへんの感動ドキュメンタリーを軽く超えてくるレベルで号泣してたもん…岸くんがいなくなった世界、耐えられない。

 

f:id:daichan415:20170216085729p:image

 

ワイのライフはもう0や〜〜、このまま岸くん沼にもどっぷり浸かるのか〜〜

おすすめの岸くんがあったら紹介してください、、、岸くん、、、岸くん、、、、、、🔪💗

 

友達に岸くん、やばいと打ち明けたら、「でも黒崎くんの時も1人だけあなた梶くんに沸いてたよね」と返信が来てびっくりした。沸いてたっけ??いや、沸いてた。かっこよかっ
たわ。

 

ちなみに胸きゅんスカッとを見てから近キョリ恋愛を全部見終わるまでにかかった時間は3日である。オタクの行動力、恐ろしい。

 

 

陰ながら応援し続けたいなぁ。受験終わったらちゃっかりJr入るのかなぁ。だって応援したいって思っちゃったんだもん。担当は1人だけど、好きは増やしてもいいよね、、、、、、、、、、、???

 

 

 

OVER THE TOP PV解禁!!

f:id:daichan415:20170204065540j:imageされました。

昨日のWSで流れましたね!、!

いやああああ

 

自担がかっこいい。

 

それに尽きます。

f:id:daichan415:20170204065452j:image

 

メイキングインタビューも、いつもと違った感じですごく良かったのですが、何よりサビ!サビ!

 

f:id:daichan415:20170204065527j:image

 

f:id:daichan415:20170204065540j:image

有岡くん、センターだよ!!!!

 

10周年1発目シングルで有岡くんセンターに持ってくるJUMP、つよい。

 

f:id:daichan415:20170204065629j:image 

アー写は光くんみたいだね!!つよいわ、、

関ジャニのツアー発表を受けて震えが止まらない

関ジャニが夏の五大ドームツアーを発表した。

 

あれ…? JUMPだとおもてた

 

JUMPはこの何年か夏のアリーナツアーを繰り返していて、10周年だしドームかな、と。

私の理想は夏の五大ドームツアーだったんだよ!!!!!!

 

とにかく、関ジャニが普段使っていた冬のドーム枠が空くわけで。そこにJUMPが入るのかな?それとも普通に夏のアリーナツアーだけかな?

 

ここで大事な事実を私は思い出した。

 

あれ、私…受験生???

 

夏のアリーナツアーなんて当たる気がしないし冬のドームツアーはセンター真っ最中である。死にたい。Hey! Say! JUMPの10周年を祝う大事な大事な年になぜ私は受験をしている???

 

オーラスだって入る気まんまんだ。(当たるかどうかは別として)

でも大学でバンバン稼いでキラキラジャニオタライフを堂々と送るには今勉強を頑張って首都圏の国公立に入るのが一番いいって分かってるんだ。そう。

 

とりあえず早く日程を出してください!!!!あとあれ!!DEARもはよ!!!!

 

 

追記

今日は有吉ゼミですね!!!入浴シーン!!!クーポン旅!!!有岡くん!!!

Hey! Say! JUMP 2016-17 DEAR. レポ&感想

Hey! Say! JUMP TOUR 2016-17 DEAR. 

1/1 昼公演に参戦してきた。

 

チケットが届いてから1ヶ月弱、この日が待ち遠しくて仕方がなく、クリスマスや大晦日の記憶はほぼない。 なんなら今までのコンサート前で1番胸を踊らせていたかもしれない。

10周年の記念すべき年の元日の1発目のコンサートに入ることが出来、彼らと共に過ごせることに自分でも考えられないくらい大きな幸せを感じていたのだ。

Hey! Say! JUMPを応援して9年目になるが、横アリですらチケットが定価割れ、年に1度もCDが出ない時代をこの目で見てきた者からすると、55000人満員に埋まるドームは客席から見ても本当に綺麗だった。

古参新規問題は好きではないが、小学生の私の目は間違ってなかった。ドームで1日2公演できるくらい、こんなに大きくなったんだよって周りに自慢して歩きたい気分だった。

語ると止まらなくいつまで経ってもレポに入れないのでここで留めておく。

 

私の席は22ゲートのスタンド後列。

野球で言うVIP席のようなものなのだろうか。椅子もビジネスクラスのようなふわふわとした大きな椅子で、前後の間隔も他席より広い。

そして何より、バクステの真正面だったので、ドーム全体の様子を正面から望めた。

夏の横アリの方が席は近かったが、満足度的にはドームの方が高いな、と思った。(セトリがエモかったのもあるかもしれない)

 

では、1曲ずつ簡単なレポ&感想を。

 

【1.invitation】

映像は前と同じで、有岡くんが1番に出てくるのは知っていた。知っていたのだが、やっぱり顔がモニターに映し出された瞬間の客席からの歓声は割れ響くようなものだった。

順々に映像が移り変わり、一際大きい歓声を受けていたのが伊野ちゃんである。伊野尾革命、なんて呼ばれたこの2年は決して幻ではなく、きっちりファンを捕まえてコンサートにまで連れてきてくれた伊野ちゃんに感嘆だった。

そして、最後に映ったのは絶対エース山田涼介。 他のメンバーと比にならない位の大きな歓声。ドームが揺れた。彼の人気はもちろん、他担でも山田くんには自担と同じくらいの熱量でエールを送る。山田くんの登場、所作には全て歓声をあげるべきなのだ、と決まっているかのようだった。彼は絶対エースであり、JUMPのセンターなのだから。

 

【2.masquerade】

invitationからノーストップで始まるmasquerade。いつものように山田涼介を中心に9人がメンステに現れる…!!と思っていたのだが、ツアーとは違い、初っ端からジャンデリアで降りてきた。

5つのジャンデリアに乗って降りてくる、赤い衣装を着た9人の天使。31日のカウコンのUMPのようだった。

仮面を外す時は、伊野ちゃんはベロ出し、有岡くんは焦らしてニッコリだった。焦らしすぎて最後まで映らなかったが。可愛い。

山田くんのお顔が美しすぎてまだここでも現実に存在するとは信じられていなかった。

2番や間奏にかけてのダンスの揃い具合を見て、私が見ているのはHey! Say! JUMPだ、テレビじゃないんだ…とようやく思い始めることが出来た。2番のサビは1番と全く振付が違く、個人的には2番がとっても良かった。 振りが歌詞取りではなく難しい音ハメにも関わらず、全員がぴったり揃えてきたところに好きを募らせた。

(´(ェ)`)「踊ろう tonight」 が両手を挙げてくねらせる雄也くん…色気ダダ漏れ

 

【3.Run de Boo!】

有岡くんセンターでセンステ花道移動。

(・д・)「久しぶりだね今夜はトーキョーワンダータイム!」

('A`)「東京あけおめえええええ」

C&R曲というのもあり、会場のボルテージが一気に急上昇。ちなみにShortバージョンでもJUMP!って43回言っていた。(私調べ)

 

【4.キミアトラクション】

サビのいのちねの絡みがいつも以上…!!手の繋ぎ方も恋人繋ぎでカメラもドアップで数回それを映す…!!

(・д・)「君がナンバーワンだああああ」のあとカメラ前からどかないで(´‘▽‘`)「おいっおいっ」ってなる。良きありやまを供給。

(´‘▽‘`)「お前がナンバーワン」だった。

 

【5.Viva! 9’s soul】

自担をずっと追っていたのだが、自分のパート以外はほぼファンサ。もうずっとファンサ。ムビステでの披露だったのだが、しゃがんでファンのうちわに1人ずつ答えていく有岡くんは本当にファンサ職人だった。その様子を双眼鏡で眺める野鳥の会有岡担はここで一度死ぬ。

「俺DJだけ??」のありやま絡みあり。

 

【6.Come on a my house】

ファンサ曲。ウィークエンダーと並んでファンがサビの振り付けを完璧に踊れる曲だけあって、サビのC&R、JUMP!JUMP!で上下に大きく揺れるペンライトの海が本当に綺麗だった。泣いた。BESTは途中で捌けた。

 

【7.スギルセツナ】

メンステの右側でサビ前まで1人ずつソロ。サビで真ん中に移動してがっつりダンス。センター有岡くん。今のJUMPのセンターは山田くんだが、それもデビューから固定ではなかった。しかし、BESTはずっと有岡くんがセンターで、7との格差もあったはずなのに誰も欠けることなく9年間BESTらしく着実に歩いてきて、10年目を迎えた。そして今、55000人が有岡くんが真ん中の10年目のBESTに釘付けだと思うと泣いた。(2回目)

伊野ちゃんに白フード被せた衣装さんに622ケイ授けたい…めちゃめちゃイケてた。

大サビの振りが、メンステにある階段に座る振りだったのだがBEST様の色気がダダ漏れてて…いきなり足を開閉し始めてですね、時が止まったように感じました。

全体的に声もLWMよりとっても成長していたし、みんな歌も上手になっていて感動した。

イントロ流れた瞬間何でここでスギルセツナ…!?と思ったけどおふざけ無しのBESTが見れて本当によかった。BESTはかっこいいんだよ…!!!

 

【8.ガンバレッツゴー】

矢印コン7コーナーでお馴染み、うさぎちゃん衣装でセンステでわちゃわちゃ。

「今日の君を見てると〜」「いっぱい勇気や元気を〜」のやまちねがセンステに座って(もちろん0距離)いちゃつく。ずっといちゃつく。

その後にとりんが2人の脇に座り、4人でお尻フリフリ。ペトラを彷彿とさせるような演出で、とっても可愛かった。天使がセンステに舞い降りた。

 

「9.beat line」

太鼓のズンドコズンドコで察する長年の経験を積んだJUMP担。「ドンドンドギブアッ!!」「ヘーーーイ!!!」

『あっ…。』いや確かに、分かっている。beatline様は素晴らしい。JUMPの武器であるフォーメーションダンスを前面に押し出した、当時は珍しかったここまでかっこいい曲調。

実際、ダンスのキレも見る度にすげええええってなるし…JUMPかっこいいし…けどここで持ってくるなんてやっぱり趣向が変わっていらっしゃるグループだなと。好きですよ!!!私はビトラ好きですよ!!!

 

【10.ウィークエンダー

ツアー中のSUPERMAN衣装で始まった。夏はBESTコーナーのためにBESTが途中で捌けたのでラスト有岡くんラップやありやまパートが聞けず、ここでリベンジを果たせて本当によかった。大サビ前ありやまパート「二人見つめ合う目を〜」からありやまがモニターにぐっと近づき、有岡くんがやまの首から上に手を添えて…!!!良きありやまを過剰摂取した。

 

【11.Fantastic time】

秋からの会場に参戦していなかったので、初めて生でFantastic timeを拝むことが出来た。

直近の曲というのもあり、会場の歓声がとても大きかった。盛り上がりポイントは以下の点。

・サビ後のゆやひかありちねラップ

・きっとそれは奇跡のような〜のやまちねの距離感

・ツッツッツッ(´v`)「だっかっらぁ」

・(´‘▽‘`)('A`)「オー!めくるめく〜」

馬鹿みたいに盛り上がった。JUMPのフォーメーションダンスをよく望める席でもあったのでテレビで確認したフォーメーションを思い出しながらひたすら有岡くんを追った。

いのやま大サビの時の6人を操る有岡くん、すばらしいですよね。

 

【12.We are 男の子】

ツアーでの披露のみだったのに関わらず、サビの振り付けの揃い具合が半端ではなかった。覚えやすい曲なのもあったと思うけど…。

(ο^w^)「俺んち来いよ」

曲終わりのてーれってーれっの裕翔くんの歌い方が最高に可愛かった。

途中でいのひか捌ける、それによって雄也くんが伊野ちゃんのあいらびゅそーまっちを歌わないといけないにも関わらず忘れる事態が(笑)、レポによると三公演全部忘れたみたい、本当にポンコツ可愛い(モンペ)

 

【13.今夜貴女を口説きます】

左右から口説かれた。

C&Rが楽しかった記憶しかない…。

 

【14.From.】

今回の演出で一番好きだったかもしれない。メンバーカラーの衣装を身につけたJr.が同じ色の風船を持ってメンバーに寄り添う。サビではみんなで階段に座ったり、一列に並んだり。曲にあったHey!Wa!JUMPな感じが最高に良かった。山田くんの大サビソロも素晴らしかった。

 

【15.愛のシュビドゥバ】

馬車をイメージしたトロッコ()に乗りながらのファンサ曲。イントロで有岡くん裕翔くん、そこらへんが「ワンツーシュビドゥバ!シュビトゥバシュビトゥバ!!!!」って合いの手を入れていたのが最高に可愛らしかった。メンバーも爆笑して、ドームに一気に笑いが溢れる。

ラスサビの「愛のシュビドゥバ」で有岡くんが伊野ちゃんの顔を仮面で隠してオープン!っていういのあり芸も見れた。

 

【16.Magic Power】

ファンサ曲。自担が離れたところでひたすらファンサしていた。辛かったので見ていない。どこを見ていたかも覚えていない。とりあえず振りは完全に踊った。終わり。

 

【17.真剣SUNSHINE】

ここ!!!一番好きなところ!!!

ラスサビが終わって1人1人のソロが続くところ、雄也くんが金八先生のモノマネをしてセリフ調に言い出したのだ。しかも、それに続く山田くん。その流れで「愛はメラメラジャジャジャジャンプ」の有岡くんに回ってきた。

彼はモノマネをした。しかし、全く似ていなかった。会場ははてなに包まれる。「今…なんて言った…??」すぐさま“スベった”ことに気づく有岡くん。普段ならだからやらせるなって言っただろ、と雄也くんや山田くんに笑って怒ったかもしれない。笑って誤魔化したかもしれない。しかしこの日は違ったのだ!!!!

みるみる顔が赤くなる有岡くん、モニターで映ってるのを知り顔を手で覆って隠ししゃがみこむ…!!!!そう、ガチ照れである。

9年Hey! Say! JUMPを見てきたが、ここまで素で照れる有岡くんは初めて見た。本当に可愛かった。惚れた。もっと好きになった。

 

【18.MC】

 

字数がやばいので(4500文字突破)要点だけまとめさせて頂く。


・やぶひかダチョウ倶楽部ネタでキス未遂
・みんなでせーので息吸ってドームの屋根凹まそうとする(かわいい)(天使)知念くん。知念くんの言うことなら何でも聞く8人。2回このくだりする。可愛い。
・ハッピーニューイヤーの枠組に入ってプリクラ見たいにするゆとひか。(・д・)「プリントシール」
・ゆとやまでハガレンのポスター再現
・カウコン岡本親子共演について。(´v`)「圭人めちゃめちゃパパ好きなんだね」
・ひかるくん美月ちゃんの男装と自白
・知念くん殿役、(o・ω・)「小さくない!」
・光くんククができない

 

【19.My girl】

この曲を聴くためにツアーを申し込んだと言っても過言ではない。本当にありやまが好きだ。有岡くんと山田くん醸し出す男子高校生の親友感…!!!!ありがてえ…ありがてえ…

バラードの神から愛される王道絶対エースと、圧倒的な音楽センスをもつリズム感溢れる爆モテリア恋王子、この2人が一人の女性を取り合う歌を歌うなんて考えられない。

ほぼ同じ身長で、ベージュに揃えた衣装に白いパーカーを覗かせてシンクロするダンス。

ダンスの技術面に関しても文句無しの実力。体幹オバケと音ハメ緩急オバケ。

何も言うことはない。大満足のMygirlだった。

本当にありがとう。山田くん、有岡くん。

 

【20.僕とけいと】

Mygirlという素晴らしい作品が完成し、会場からは拍手が鳴り響く。余韻を楽しむかと思いきや、すぐに流れる明るいテンポのメロディー。

(o・ω・)「僕とけいとでわーいわーい」

(*`Å´)「俺とちねんでいぇーいいぇーい」

天使が2人バクステに舞い降りた。

ピンクの半ズボンを履いた158cmの天使。

その天使を大きく抱きしめる笑顔の天使。

今年1年の癒しをここ手に入れたような気がした。。めっかわだよKC。

 

【21.Chiku Taku】

伊野ちゃんがセンステに現れてピアノソロが始まる。やぶやまが花道サイドに現れてソロ。

ひかけとゆとが安定のバンド。

キミアトカップリングからまさかのカウコン披露までChiku Taku大先輩出世…。強い…。

(・д・)「やっと会えた…」の後カメラモニターに映る照れ笑いに会場の有岡担はみんな死んだ。

 

【22.Your seed】

ここで…ユアシを…10周年でやると思っていたしバンドバージョン。正直、めちゃめちゃ良かったから10周年でやって欲しかったよ…。間奏にはRap詞が描き足されていてありたか中心のラップ!ありラップ炸裂していた…。エモかった。最高。火とか水が出てKAT-TUNみたいだった。

 

【23.GIFT】

RWMカップリング曲がここでまさかのセトリ入り…!!!!私、ここで本編終わると勘違いする。白衣装が似合っていてとてもよかった…!!!!

 

【24.Mr.flawless】

3人が左から馬車に乗ってバラを渡す。雄くんだけブーケトスだった、熾烈な争いが繰り広げられていることを想像しながら暖かく見守った。

 

【25.SUPERMAN】

お馴染み映像が流れ、ツアーとは違いメンステから現れることに少し驚く。

このお馴染み映像、さらっと流したがめちゃめちゃみんなかっこいいし有岡くんヘアカタスタイルで最高なのでぜひ円盤化をお願いしたい。

 ツアーでジャンデリを使用したため、1番の振りはなかったが今回は2番で移動する代わりに1番でガッツリ踊ってくれた。

その振りがすごかった。腰を振る…振る…

語彙力がなさすぎてうまく説明出来ないのだが、腰をゆっくり左右に何回か動かす振りサビに入っていて死んだ。

order、Tasty Uのセトリ落ちの救済措置のようだった。

 

【26.Give Me Love】

白衣装で披露。テレビであれだけ目に焼き付けた有岡くんの立ち位置、振り付けが目の前で行われているのを見て、JUMPの存在を確認できた。私的BEST OF ギミラは大サビのハモリのありやまである。有岡くんと山田くんが横一線に並び、2人だけがハモる。二人だけの世界。最高である。ここを2人きちんと映してくれるスイッチャー担になりつつある。

ちなみにギミラの初めの合図を有岡くんが出しているのを最近発見した。最高である。

 

【27.Ride with me 2016】

2016年、JUMPが出演した音楽番組で1番見返しているのがダントツでMステウルトラFESである。RWM2016のテレビ初披露。有岡くんがとっても抜かれているのも見返す理由だが、それ以上にJUMPのダンス揃い具合かがえげつない。初めて見た時は泣いた。2回目だったが、生で見ると本当にテレビとは違った迫力があると思った。どのメンバーも手を抜か踊っているように思ったし、テレビよりも長いフルバージョン。体力が本当に必要な曲だと思う。間奏明けの山田くんパートが生歌で始まった時は驚いた。JUMPの成長を感じた。ありがとうございますな1曲。

 

【28.school girl】

おい!!!!振り幅!!!なんでここでJKソング入れてくるねん…可愛すぎか…

ここでなんといっても抑えておきたいのは間奏のかごめかごめである。やまちぁを中心にして回る8人。最高である。天使がバクステにまたまた降臨した。やまちぁは外した。三公演全部外した。可愛い。可愛すぎる。

大サビでみんなで一列に並ぶところも、肩を組んでワチャワチャする所も本当に可愛らしく、仲の良さを垣間見ることが出来た。可愛かったなぁ…。。。

 

【29.AinoArika】

ファンサ曲。やまちぁがずっと目の前に。顔が綺麗で双眼鏡を見て隣の圭人担と「かおが綺麗だ」と話していた。自担はファンサマシーンになっていたので見ていない。

 

【30.キラキラ光れ】

いのたかの絡みがあったが忘れた…ファンサ曲の記憶が本当にすぐ消えてしまう。メモする時点で忘れていた。一緒に踊った。

 

【31.明日へのYELL】

白いタオルを全員でぐるんぐるん回すのがすっごい気持ちよかったし、ドーム規模になると客席がとても綺麗だった。汗をかいたメンバーも綺麗だった。

 

【32.DEAR.】

終始涙が止まらなかった。1人1人ソロを歌い上げていく度に、1人1人との今日の思い出が蘇る。あぁ、行けてよかったとこの瞬間に毎回再確認できる。 1番よかったのは、山田くんかな?が書いた直筆のJUMPからのメッセージ。

f:id:daichan415:20170106230930j:image

(拾い画)

小さいつがかわいい。10歳になるってかわいい。SMAPの解散があったのもあったし、何より私が1度JUMPから距離を置くきっかけになったのは10人から9人に減った時である。だからJUMPがこれからはずっとずっと誰もかけずに皆で笑いあっていってほしいしその中に自分も入れたらいいな、と思った。

愛してるのはこっちだし、向こうのために何が出来るかわからないけど、JUMPは素直に私たちに愛を伝えてくれる。素直な王道アイドルをずっと突き進んでくれるJUMPが死ぬほど大好きだ。

 

【33.Baby I love you】

新年あけましておめでとうソング!

元日1発目にJUMPから「Happy New Year To You」って言ってもらえたのは本当に嬉しかったしいい思い出!

 

【34.Chau#】

【35.愛すればもっとハッピーライフ】

 

ファンサ曲だよ😇😇😇記憶が飛んだよ。

ありちねちゃんの絡みだけは覚えている。

信じればーもっと、感じればーもっとの2人がめっちゃよかった。ありちねちゃんだった。

 

 

 

#

 

以上です!!!

長かった…過去最高かもしれない。

でもすっごく自己満足、入れてよかった😣

10周年も当たりますように!!ありがとうJUMP!!大好き!!!