前のめりに夢見る

アイドル\(^o^)/

岸優太 始めてみたら 超楽しい

岸優太にどハマりして1ヶ月が経とうとしている。

 

毎日超たのしいんだけど!!!人生しあわせ!!!!

 

好きになったらもっと知りたいと思うのは当たり前のことで、少クラからジュニラン、ガムシャラ、真夜プリ…文明の機器を使って日々追いかけている。岸くんを。JUMPのバックにも結構ついてたり、今までの雑誌を読み返したり…。今までの雑誌!!!!!

 

これが思った以上にやばい。雑誌捨てないでよかった。今まで、本当にJUMPのページ以外はサラッと読み飛ばして、ましてやテキスト部分なんて全く読んだことがないレベルだった。

 

もう毎号のPrince、セクボ時代、全部可愛くてかっこよくて読み返すのが本当に楽しい。

まさに一石二鳥。お金倍払ってもいいレベル。

 

一番感銘を受けた雑誌がMYOJO冬ライブ号である。(わりと直近)もちろんJUMP目当てで買ったのだが、ジャニフワ、ジャニアイまでがっつり特集されてた。知らなかった。

 

f:id:daichan415:20170305165240j:image

 

f:id:daichan415:20170305165319j:image

盛大なネタバレは避けとくが、私が大好きなここらへんの岸くんが全部この雑誌に載ってた。素晴らしい。リハ風景も本番のレポもテキストも、楽屋紹介まで!!!びっくりした。

メンバーが撮る特集の「Photo by 神宮寺」率には笑った。彼女の写真いっぱい撮ってあげるんだろうな…って国民的彼氏に思いを馳せた。

 

あと雑誌のアンケートを出すようになった。jr.は人気の指針が大事だろうなと思ったから。jr.大賞だって、ヤラセどうこうしゃなくて、毎年盛り上がるのはそういう人気投票の場でもある訳で。雑誌の公式アカウントで呟かれる撮影裏話のエピソードのRT数も大事にしていこうってprinceのファンを見た時に胸がすっごく熱くなった、こういう熱いファンの界隈めちゃめちゃ好きだ……!!!ってなった。ex)SKE48

 

担降りとか考えると胸が苦しいから今は何も考えてない。私にとっての担当って何?って話にまでなっちゃうから、何も考えない。2人とも大好きだし何なら重岡くんも大好きだしHey! Say! JUMPみんな大好きだしprinceもみんなめちゃめちゃ好き。まだそれでいい!!!

 

あとJUMP!!!去年の発売日過ぎてまだDVD何も告知ないってどういうこっちゃ!!!ツアー何もないってどういうこっちゃ!!!Princeに貢ぐぞ!!!現場が欲しいよ!!!ありおかくんに会いたい!!!はよ!!!!

 

あとJr.のカレンダーって予約してなかったらもう手に入らないんですかね…(JUMPしかしてない)まだ諦められなくて…

岸優太くんにハマるまで

こんなに短期間で1人のアイドルにのめり込む経験が今まで全くなかった。から客観的に見たらちょっと面白くなってきたのだ。から記憶の限り鮮明に記録しておく。

 

2012年

岸優太の存在を確認、理解する。理由は友達の友達にガチな岸担がいた為。ちなみにこの時期に同時に紫耀くん、いわげん、じんぐなど今で言うキンプリらへんの存在も把握。けど顔と名前が一致するのは岸くんと紫耀くんのみ。いわげんなんて、「おなかいわはし」だけ知っていた。

 

2016年

黒崎くんの言いなりになんてならない、を見に行く。お目当ては中島ケンティー。しかし、上映後の私は「梶くんかっこよかった!!」の一点張りだった(らしい)。

 

2017年

大人のジャニーズ大賞読んでて思ったんたけど私岸くんが好きかもしれない…順位読み進めるごとに「岸くんはまだ出ないのかな…??」って思ってる自分がいた

2017.1.26

お、おう…前垢のツイートで見つけた。この時のきっかけは特にない。ちなみにこの時、私はJr.(東京)はストンズとキンプリ、HIHIJet以外はほぼほぼ知らない。まぁ1ヶ月立たないうちにLove-tuneからトラジャまでどんどん覚えてくんだけどな!

 

 

2週間弱経った2月11日。土曜日だ。この5人を見て察してほしい。リア恋枠大好きだ。これはバリバリの伏線。この後私は怒涛の胸きゅんスカッと、近キョリ恋愛、お兄ちゃんガチャとかいうクラスメイト、幼なじみ、お兄ちゃんの3大リア恋役を好演してくれた岸キュンに出会うのだから。

 

この2日後くらいに、胸きゅんスカッとをたまたまYouTubeで見かけて再生する。

 

え、これやばくない??私が有岡くんにやって欲しいやつじゃない??

 

ド定番な学園恋愛、好きな子にちょっかいを出しまくる役を岸くんは好演してくれたのだ。

人生で1番胸を打たれた胸きゅんスカッと。

てかそもそもこの役めちゃめちゃ岸くんじゃん…リア恋かよ…とか思っていた。

そして何気なく関連動画にあった「お兄ちゃん、ガチャ」を再生する。

 

岸くん、ダンス上手くない???てか白制服って何????

 

有岡くんの好きなところの1つ(というかきっと私がタレントを好きになる条件の一つ)にダンスは絶対に挙げられる。

ダンスが上手い子、まじで気になって仕方が無い。そんな私に岸くんはびびびっと来てしまった。めちゃめちゃかっこいい。体幹がっしりしてるし、大きく踊るダンスも好きだ。

有岡くんのように音ハメや細かい振りを得意にするダンスとはまた違った、jr.ならではなのかな、のガムシャラなダンスがすっごくよかった。

 

 

歌詞やメロディーに謎の中毒性があるこの曲。死ぬほど聞いた。電車に乗る度に再生してた。

ここでお兄ちゃんズも松松もちゃんと把握出来た。よかった。

 

 

ここでキンプリハワイ情報が流れる。

友達に「岸くんがいない日本なんて日本じゃない」と話す私。なかなか溺れてる。

 

 

そして近キョリ恋愛を見始めるのだ。

 

 

 

 

 

 

そう、めちゃめちゃハマった。何この王道ドラマ。幼なじみイケメン2人に好かれる世界。

 

これめちゃめちゃ有岡くんにやって欲しいやつじゃない???(2回目)

 

自担、世界で一番この役やらせたら似合うと思ってる。もう25だけど。

岸くん、似合い度有岡くんに並んできた。(別に有岡くんはこんな役を全くやっていない)

前述のように完全なリアコだから奏多目線でしかこの話を見ていない。

これ絶対奏多ミレイのこと好きなやつやーんって思いながら見るの楽しすぎた、この時は。

 

 

 

 

嘘だと思うかもしれないけど、人生で初めて泣いたドラマだった。

嘘やん、事故オチ??奏多くん死んだんだけど……まじで立ち直れなかった。

ハルカとミレイから愛されて、誰からも好かれるような絶滅危惧種的いいヤツ(;_;)

なんで死んじゃうねん、もう岸くんが死んだんだレベルで激しく泣いてた。辛かった。

 

 

 

そしてそして、

 

もう、ずぶっずぶである。自分でもびっくり。こんなに早く人を好きになることってあるんですね!!!!!大好き!!!!

 

 

 

有岡くんと岸くんをどうしても比較(上下の問題ではない)したくなっちゃう。似てるんだもん。

 

 

謎の私服センスに対する擁護。岸くん、遭遇の対応とか本当にデキジュなことも知りました。

 

 

ここでWゆうたに足を踏み入れる。じんぐ、めちゃめちゃ国民的彼氏じゃん!!!ただのイケメン!!!!!!無理!!!!!

 

 

お兄ちゃん、ガチャをここで最終話まで一気に見た。近キョリ恋愛より、こっちの方が辛かった。何このドラマ、怖すぎ。

初めからお兄ちゃんを平気で取り替えていく梨央ちゃんにも、消去って言葉にも少し怖さを感じていた。

ダンスのやつしか見てなかったからファンタジーだと思ってたら、四葉のお兄ちゃんって分かった時点で涙腺が崩壊した。

もうこれは完全に梨央ちゃん目線で見てた。自分の好きな人(お兄ちゃん)が友達のお兄ちゃんになっちゃうなんて、、無理…

 

 

野島ワールド、闇が深いわ…

 

 

ここで担降り??と色んな人に聞かれたので訂正。好きですが担降りとかじゃないです。そんな簡単にできないよ…私Mygirl???

 

 

ありおかくんと岸くんのことを考えてたら、私的にはこういう結論に至った。

岸くんは調べたらすぐ分かったけどアンチまじで1人もいなかったし、デキジュの大筆頭としてJr.の最前線で活躍してる。

歌もダンスも努力が形になってて、面白くてトークとかも落とすところは落とせるけどパフォになると一気にかっこよくなったり、みんなから愛される位変なキャラがすっごくすっごく魅力的だ。

私はSKEが好きで、須田亜香里推しだった時期があるのだが同じ理由で、theアイドルみたいな子がめちゃめちゃ好きなんだと思う。

何にでも手を抜かないで、スキャンダルなんかなくて、ファンを大切にするようなアイドがすっごくすっごく大好きだし、ずっと応援したくなる。

有岡くんももちろん、大好きなアイドルだが、有岡くんはめっちゃ実生活はチャラくいてほしいし、プロアイドルでいて欲しいんだ。(何を言っているのかそろそろわからない)

有岡くんにスキャンダルが出てもよほどのことがない限り降りないが、岸くんには私の理想が全部詰まってるから少しでも出たら悲しくて仕方がなくなるんだろうなぁ

 

 

 

真夜プリの毎週録画を始め、まいジャニ、ガムシャラ、少クラを漁る旅に出ている。

back fireの岸くん本当にかっこいいなぁ、、

 

という訳で岸くんに落ちた話でした。
 

岸優太くんが好きかもしれない

f:id:daichan415:20170216085804p:imageタイトルの通りである。

正直、今めちゃめちゃハマっている。岸優太くん、はジャニーズJr「Prince」の一員で、jr.の中だったらかなり人気の部類だ。というか、すんげえ人気だ。

 

前からキャラや顔はタイプだった。

 

だってリア恋っぽいじゃん…

 

私、きっとリア恋枠が好きになる傾向があるんだと思う。(聡ちゃんとか聡ちゃんとか自担とか自担とか重岡くんとか重岡くんとか)

 

ある日軽い気持ちでYouTubeの関連動画を開いた時から、運命だったのかもしれない。

 

「岸優太 胸きゅんスカッと①」

 

いやあ、リア恋枠の極みじゃないですか。リア恋枠がリア恋役もらったらこうなるんっすね!!!自担がそんなことなかったのでびっくりっす!!!!!バックハグまでしちゃってねえ。私に与えた岸キュンのインパクト半端なかった。やられた。

 

次に見た動画は、オタクに勧められた

 

お兄ちゃん、ガチャ

 

である。なんだこのドラマは???

ガチャガチャから岸お兄ちゃんが出てくる???そんなことある????どんだけ少女マンガなの????

といいつつも、まだドラマは見ていない。そう、ダンスシーンのみを見たのだ。

宮近くんと2人でセンターで踊る岸くん、めちゃめちゃダンスが上手だったんだよ…

 

私が好きになる絶対条件のひとつがダンス技術だと思う。軽く超えてきた。めっちゃかっこよかった。この時点で岸キュン好き…ってなってる。

 

そして極めつけが

近キョリ恋愛 である。ダメだこりゃ。

こんなことあります???

これ、ずっと私が有岡くんにやってほしいって嘆願してた恋が報われない方の男の子じゃないですか…しんどい…

岸キュンと過ごす学校生活たまらな!!早く岸キュンと付き合え!この!

って思ってたらまさかの死でしたわ。

岸キュン目線でこのドラマ見てたから死ぬほど泣いた。こんなにドラマに泣いたのは初めてだ。まじで。でも親に「なんのドラマでこんな泣いたの?」と聞かれて「近キョリ恋愛」とは言えなかった…私、そこらへんの感動ドキュメンタリーを軽く超えてくるレベルで号泣してたもん…岸くんがいなくなった世界、耐えられない。

 

f:id:daichan415:20170216085729p:image

 

ワイのライフはもう0や〜〜、このまま岸くん沼にもどっぷり浸かるのか〜〜

おすすめの岸くんがあったら紹介してください、、、岸くん、、、岸くん、、、、、、🔪💗

 

友達に岸くん、やばいと打ち明けたら、「でも黒崎くんの時も1人だけあなた梶くんに沸いてたよね」と返信が来てびっくりした。沸いてたっけ??いや、沸いてた。かっこよかっ
たわ。

 

ちなみに胸きゅんスカッとを見てから近キョリ恋愛を全部見終わるまでにかかった時間は3日である。オタクの行動力、恐ろしい。

 

 

陰ながら応援し続けたいなぁ。受験終わったらちゃっかりJr入るのかなぁ。だって応援したいって思っちゃったんだもん。担当は1人だけど、好きは増やしてもいいよね、、、、、、、、、、、???

 

 

 

有岡大貴入門編~本気で有岡くんの魅力を紹介してみた〜

有岡大貴くんを好きになって欲しい。

 

f:id:daichan415:20161224235241j:image

 

そんな理由でただ一心に記事を書いている。

 

Hey! Say! JUMPのメンバーである有岡大貴くん。 25歳で、JUMPの中だと真ん中っ子だ。 バラエティー班と呼ばれていて、毎週火曜日にレギュラー出演しているヒルナンデスでは“主婦のアイドル”の名で親しまれており、度々トンチンカンな食レポでみんなから愛されている。の割には男らしくかつ周りに気を配る性格や、圧倒的音楽センス、音ハメが効いたダンスなどバラエティーとのギャップから1度捕まえたファンは逃がさないとも言われている。(オタクはこれを『有岡沼』と形容する)また、コンサート中に見せるファンサはずば抜けていて、本当に彼氏になったのではないかという錯覚まで起こしてしまいそうになる。(最近は自担以外にも積極的にファンサをする姿勢が見受けられる)

 f:id:daichan415:20161224234558j:image

 

ちなみに、ステージ上から客を自分の虜にさせたいという気持ちで「RELOAD」という曲を作詞している(3rdアルバムsmartに収録)

 


有岡くんは、客観的に見て見た目だけで言ったらJUMPの中では秀でてる訳ではないかもしれない。(もちろん私は世界で1番かっこいいと思っている)しかし、だからこそ見せるギャップやアイドルという仕事に対する姿勢で実際にたくさんのファンを虜にしている。(体感だと絶対エース山田涼介の次に飛ぶ鳥を落とす勢いの伊野尾慧と並ぶレベル)
音楽番組を見せたり、コンサートのDVDを見せたり、はたまたコンサートが地元で行われていたりすると、非オタの友人はいつも「なんで有岡くんってこんな歓声あるの?」「オレンジの洋服着た子ばっかだったんだけど」と声をかけてくれる。これを聞いた時、いつも私はしめしめ、と思うのだ。言葉を発したら最後、『有岡沼』に引きずり込みたくてたまらなくなる。「有岡くんはね〜」と私が話し出したら終わりである。非オタの子も口にしたことを後悔するレベルで話し続けたくなってしまう。この記事も、有岡くんの人気の理由を知りたい人にぜひ読んでいただきたい。そして有岡沼にずぶずぶに溺れてほしい。

さて、有岡くんがここまで人気を集める最大の理由がきっと「リア恋枠」であることだと思う。今回の記事も、正直ここを書きたかっただけみたいなところはある。有岡くんはリア恋なんだ!!!

 

「リア恋」とは、アイドルであるにも関わらず、実際に恋愛感情を持ってしまう、ということである。(口癖は、「私はアイドルの〇〇君が好きなんじゃなくて1人の人として〇〇君が好き」)

有岡くんはJUMPの中でもぶっちぎりのリア恋枠である。ちなみに、他グループだと嵐の相葉雅紀くん、NEWSの増田貴久くん、ジャニーズWEST重岡大毅くんなどが有名である。
なぜ有岡くんがリア恋枠、と呼ばれるのだろうか。その理由を紹介したい。

 

一つめに、彼の持つ性格についてお話させていただく。有岡くんの(少なくともアイドルの有岡くんの)性格は、誰にでも優しい。うるさい。盛り上げ役。天然。そう、クラス内カーストだったら間違いなく最上位なのだ。「もう〜、大ちゃんほんとバカ」ってクラスのダンス部の女子に囲まれてそうなのだ。だけど、誰にでも平等に接するから陰キャラにも平気で「ごめん、ノート見せてくんない?」とか言って軽率に恋に落としていくのだ。
ヒルナンデスでも伺えるように、よく分からないダジャレや食レポを毎週かましてくる。

f:id:daichan415:20161224233001j:image

自担なのに本当によく分からない。しかし、学生生活を思い出してほしい。何をやっても笑われる男子がいたはずだ!!!そう、有岡くんはそれなのだ。


また、主に雑誌やラジオで垣間みる有岡くんの優しさにも触れておきたい。メンバーと対談する時やラジオでのトークの際、有岡くんは絶対に悪口や物事を否定しないのだ。
例えお悩み相談などのコーナーで、自分の意見が投書と異なっていたとしても「〇〇の意見は分かるよ」などの肯定から入る。必ずだ。
また、直近の話だと昨日のJUMP da ベイベー!(毎週木曜日0時30分~1時にbayfmで放送されている有岡、髙木(ありたか)のラジオ)での妄想コーナーが挙げられる。

 

https://youtu.be/9KKyqPPMRcg

(6:25〜)


妄想コーナーでかかったBGMを褒めた髙木くん。しかし本来の趣旨では妄想コーナーがメインのため、有岡くんが「BGMかよ!」と突っ込んだのだ。ここまではバラエティーでよくある流れである。 しかし、この後に有岡くんはすぐ、「まぁ僕もこの曲は大好きですよ」と2~3度繰り返したのだ。まるでこの曲が好きな聴取者にも不快感を抱かせないように、とまで言わせるような気の配りようである。

ちなみにこの回は、有岡くんが幼なじみでクリスマスデートでの告白をするというリア恋人間にとっては神回だったのでぜひ聞いていただきたい!!ぜひ!!(4:15〜)

 

常にクラスの中心で誰にでも分け隔てなく接するイケメン。まるで君に〇けの風〇くんのようである。恋に落ちないはずがない。

 

二つ目に、先程も述べたが彼の圧倒的音楽センス、趣味のセンスが挙げられる。
ベイジャン(JUMP da ベイベー!の愛称)では、メンバーのお気に入りの1曲を流すコーナーが毎回ある。有岡くんはここで毎回、イケイケの洋楽を流してくるのだ。
私は全くと言っていいほど洋楽の知識はない。しかし、普段からこの洋楽を聞いている有岡くん、めっちゃかっけぇ、、、と日頃から思っている。おすすめの曲を聞かれると、自分の好きな曲を集めたプレイリストを送ってくれるほどの音楽好きでもある。


また、彼はDJを習っていた。(DJの設備は向井理さんから譲り受けたものらしい)

f:id:daichan415:20161224233103j:image
UNION(有岡、薮、八乙女のユニット曲。4thアルバムJUMPing CARに収録)ではDJを披露している。ちなみにこの楽曲は、ラッパーありとめ、ベース八乙女、DJ DAIKI ボーカル薮という音楽センスの塊の3人であるので強くおすすめしたい。


Never Let You Go(Fantastic timeカップリング)や、DISCO JOCKEY(JUMPing CAR)は彼自身がDJという役に乗せた歌詞が特徴で、スクラッチが効いたDJらしい楽曲になっている。
Hey!Say!Jumping!08-09というコンサートでは、現役高校生の有岡くんがDJをやっている姿が円盤化されている。


パリピ臭しかしないが、爆モテ有岡くんを感じることが出来るので是非見ていただきたい。

 

また、有岡くんの歌声もファンの中では定評があり、「大ちゃんの声担」という言葉も存在する。(薮くんは大ちゃんの声担である)

バラードからラップまで幅広いジャンルを透明感のある伸び伸びの声で歌う感じがハマる人にはドカンとハマるのだ。

ちなみにオススメでテレビ披露されてるパートだと、直近のGive Me Loveの2番サビ終わりの「朝焼け〜」やウィークエンダーのサビでのラップ、Chau#の「クセになっChau#」などがオススメである(下記記事参照)

 

http://daichan415.hatenablog.com/entry/2016/09/28/235348


また、有岡くんの私服はめちゃくちゃかっこいいのだ。有名なのはタイへ出国する際の私服である。

f:id:daichan415:20161224233145j:image       f:id:daichan415:20161224233154j:image

総額うん100万の私服だが、お金がかかっていることを感じさせない、自分らしい着こなしをしている。ヘッドホンをリュックにかけてワンポイントにしているあたり爆イケが過ぎる。こんな格好で修学旅行に来たら軽率に惚れる女子が後を絶たないに決まっている。


最後に、有岡くんの最大の武器、ギャップについて語らせていただきたい。
彼は、バラエティー班で先述のようにおバカな一面もあり、ヒルナンデスで「愛嬌が武器」と言ったように可愛らしさを前面に押し出したキャラで親しまれている。
しかし、ある時雑誌でこのような言葉を語っているのを発見したファンは大騒動となったのだ。

(・д・)「俺、普段は見せないように気をつけてるんだけど、気を抜くと男らしい1面が見えちゃうのよね〜(笑)」

それは言っていいやつなのか…?キャラ作りになっていないのではないか…?確信犯だったのか…?

有岡くんのたまに見せるどエロい表情も、

f:id:daichan415:20161224233306j:image

1トーン低くなる声も、全部計算だったのか…?
有岡くんの手のひらで全て転がされていたと知ったファンはまた、より深く有岡沼に引きずり込まれていくのである。

 

という訳で、有岡くんはリア恋枠なのです!
幼なじみ大貴も、クラスメイト大ちゃんも、チャラい先輩有岡先輩も、全部イけるの本当にすごいです。

f:id:daichan415:20161224233333j:image
有岡くんと恋したい青春でした。

有岡沼に引きずり込まれるファンが後を絶たないのも、全部彼の魅力によるもので、JUMPを知れば知るほど有岡くんが好きになると言われています。

 

ここでは深く触れませんが、JUMPが結成されて間もない頃は年の差も大きく関わりが少なかったメンバー同士の架け橋になりたいと言って頑張っていた中間管理職の有岡くん。
自分には何も無いと言って、当日の朝に行き先を決めて向かった屋久島の旅。メンバーも口を揃えて、「大ちゃんはいつも元気」と愛されている有岡くん。

 

拙い文章でしたが、少しでもこの記事を読んで好きになって頂けたら、気になって頂けたら嬉しいです。

 

長かった、、過去最長なのに一日で仕上げちゃった、、。